電話受付専任の受付職員がお話を伺います

0120-979-164
通話無料

24時間受付・年中無休

モラハラ

モラハラ夫と離婚するには

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

モラハラ(モラルハラスメント)とは、身体的には暴力を振るわないものの、発言や態度等で精神的に相手を追い込む、「倫理に反する嫌がらせ」をいいます。

本記事は、夫による毎日のモラハラに我慢の限界を迎えている方や、もしかしたら自分は夫からモラハラを受けているのではないかと悩んでいる方へ向けて、モラハラを理由に離婚するために備えておくべき知識についてお伝えします。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

モラハラ夫の特徴

モラハラ夫は、周囲から「良い夫である」と思われたい気持ちが強く、家庭内では標的にした妻を精神的に追い詰め続けるにもかかわらず、外では「妻思いの優しい夫」を演じることが多いです。モラハラ夫の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

  • 外面が良く、周囲に「妻思いの優しい夫」という印象を与える
  • 自分のミスを認めず、妻に絶対に謝らない
  • 妻の意見を認めず、常に自分を正当化する
  • 妻より優位に立ちたがる
  • 自己愛が強い
  • 平気で嘘をつくことができる
  • 妻に対して嫉妬深く依存心が強い
  • 自分のルールを妻に押し付ける
  • 二面性がある
  • 共感性に欠ける
  • 情緒不安定である

モラハラに当たる行為とは

モラハラ夫は、次のような言動で、妻を精神的に追い詰めます。モラハラ夫がする典型的なモラハラ行為を挙げました。

  • 「最低な妻だ」「妻(母親)としての自覚がない」といった否定的な言葉で貶める
  • 妻の考えや行動を否定する
  • 妻が家事をこなしているにもかかわらず、「家事をまったくしない」等と他人の前で貶める嘘をつく
  • 外出を許さない、着る服を指定する等、妻を異常に束縛する

他にも多数ありますので、詳しくは下記の記事をご覧ください。

証拠がないと離婚はできない?

モラハラは、身体的な暴力のように受けたダメージが目に見えるわけではないため、立証するのが難しい暴力です。この点、協議や調停による離婚は、夫婦間の合意によって成立するため、証拠がなくとも、夫が離婚を認めれば離婚することができます。しかし、モラハラ夫が素直に離婚を認めるとは限らないため、モラハラに関する証拠を集め、調停委員に説明して理解を得る等、少しでも有利に話し合いを進めるための準備をしておくことをお勧めします。

また、離婚調停が不成立で終わった場合、裁判にへ進むことがありますが、離婚が認められるか否かやモラハラを理由とした慰謝料請求が認められるか否かは、裁判官がモラハラ等の事実に関する主張や証拠を見て判断することになります。

どのような方法で決着をつけるにしても、離婚するうえで証拠は非常に重要なものなので、できる限り集めておきましょう。夫がモラハラをしている証拠として有効なものを挙げましたので、下記の記事も併せてご覧ください。

モラハラ夫と直接会わずに離婚するには

夫からモラハラを受けている方の中には、夫と対面することに恐怖を覚える方も多くいます。夫と会わずに離婚の話し合いを進めたい方は、弁護士に代理交渉を依頼することで、夫とやり取りすることなく、離婚の準備を進めることができます。

また、弁護士に依頼すれば、離婚に向けた代理交渉だけではなく、離婚に伴う財産分与や養育費についての代理交渉、その他慰謝料請求についてのアドバイス等、様々なサポートが受けられます。

弁護士が親身にアドバイスさせていただきます

夫のモラハラにこれ以上は耐えられないと婚姻関係に限界を感じられている方は、ぜひ弁護士にご相談ください。夫がモラハラをするのは自分が悪いせいだ、あるいは離婚したいと思うのは自分のわがままだと考えてしまったり、恥ずかしくて他の人には話せず身の内に抱えてしまったりしがちですが、状況を整理してみると、ご自身が悪いわけではないことがよくわかる場合もあります。

弁護士は守秘義務の下でしっかりとご事情をお聞きし、それぞれの事情に応じた離婚のプランやそのための準備についてアドバイスしたり、代理人としてお伝手いしたりすることができます。長年にわたる夫のモラハラで苦しまれ、さぞお辛いこととお察しますが、動かなければ始まりません。

弁護士法人ALGでは、離婚事件の経験豊富な弁護士が相談に対応し、親身にアドバイスをさせていただきます。夫のモラハラでお悩みの方はぜひ、ご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

モラハラをする夫に子供は渡せない!親権を獲得するには

モラハラをする夫に親権を渡したくないと思われるかもしれませんが、妻にモラハラをするという事実だけで、直ちに親権者として不適格と判断されるわけではありません。

離婚時に請求できるお金について

モラハラをする夫の中には、妻を外で働かせることを嫌がる人がいます。そのため、専業主婦や 比較的軽めのパートにとどまる兼業主婦等、継続した収入がない方が多く、別居後や離婚後に、経済的に苦しくなるケースがよく見受けられます。

離婚時に請求することが考えられる項目は以下のとおりです。検討漏れがないよう、離婚時に請求できるものは忘れずに請求しましょう。

慰謝料

モラハラは被害者に強い精神的苦痛を与えるので、モラハラをする夫に対して、「慰謝料」を請求することが考えられます。それには、モラハラを証明するための証拠集めが重要になります。

離婚時に慰謝料請求をする方法について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

養育費

子供を育てるためには、相当額のお金が必要です。そこで、子供を監護・養育する親は、そうでない親に対して、子供を育てるための費用である「養育費」を請求することができます。 詳しくは下記の記事をご覧ください。

財産分与

離婚の際には、婚姻期間に築いた夫婦の共有財産を分ける、「財産分与」を行うことができます。財産分与は、収入のない専業主婦であっても、受けることができます。 財産をどのように分けるのかといった疑問については、下記の記事でお答えしているので併せてご覧ください。

また、退職金も財産分与の対象になり得ます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

さらに、将来受給できる年金額について夫婦間の公平を図る、「年金分割」という制度もあります。これも、夫の職業によるものの専業主婦であっても利用できる可能性があります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

離婚交渉が難航する場合は別居も視野に

夫から長期間モラハラを受け続けていると、どんどん自尊心が失われていき、夫の理不尽な言葉が真実であるかのように思えてきます。このような状態では正常な判断ができなかったり、離婚を切り出してもうやむやにされたりするおそれがあります。そのため、夫と別居し、正常な判断能力を取り戻すのも、離婚へと至る一つの方法です。

別居が長期間にわたることで、夫婦関係の破綻が認められ、離婚できる可能性も高くなります。離婚を考えている方は、別居することをご検討ください。

別居中の生活費が請求できる

専業主婦や短時間のパートタイマー等、継続的にまとまった収入のない方は、別居中の生活費の心配をされるかもしれません。しかし、夫婦は互いに扶養義務があるので、収入が少ない妻や子供を監護している妻は、夫に対し「婚姻費用分担請求」をして、生活費を確保することができます。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

さらに詳しく
婚姻費用分担請求とは

子供を連れて別居することは可能?

夫のモラハラによって子供に悪影響が及ぶことが懸念される場合等、子供の監護に支障を来すケースでは、子供を連れた別居が正当なものであると判断される可能性があります。こうしたケースでは夫に黙って子供を連れて別居することが可能です。他方で、子供を連れて出るに至る経緯やその方法によっては、違法な連れ去りと評価されてしまうこともあるため、注意しましょう。

離婚後もモラハラされないか不安……

離婚してからも嫌がらせをしてくるモラハラ夫はいます。例えば、自宅や職場に押しかけたり、共通の第三者に悪口を言いふらしたり、こちらへ執拗に連絡してきたりすること等が挙げられます。

こうした嫌がらせがある場合には、①家事調停を申し立て、離婚時の取り決めを再調整する、②犯罪の可能性があるときには警察に相談に行くといった対処法が考えられます。このとき、夫が逆上してくる可能性があるため、直接交渉することは避け、弁護士に代理交渉の依頼をすることをお勧めします。

弁護士の協力があれば、離婚後のやりとりの方法についてガイドラインを調整する、元夫による問題ある行動についてはご本人に代わって抑止するよう勧告する、問題行動の程度が酷いものであれば民事上または刑事上の法的措置を講じるといった告知やその実施をすることができます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

お電話でのご相談受付
24時間受付・年中無休・通話無料
メールでのご相談受付

モラハラ夫との離婚に関するQ&A

Q:

不妊を理由に夫からモラハラを受けています。離婚する場合、慰謝料請求は可能でしょうか?

A:

請求できる可能性があります。

ここでいう夫によるモラハラ、すなわち不妊に関する夫の振る舞いや言動の内容によりますが、精神的苦痛を受けた場合には、慰謝料を請求することが可能です。

ただし、慰謝料を請求するためには、モラハラをされていたという事実やご相談者様がどれ程の精神的なダメージを受けたのかを証明する必要があります。そのためには、証拠が重要となります。

Q:

夫から何度も暴言を吐かれていますが、たまに優しい時もあります。この程度ではモラハラとは言えないのでしょうか?

A:

モラハラといえる可能性があります。

モラハラには、次のような3つの時期をサイクルする傾向があると言われています。

  1. 緊張期:些細な出来事でモラハラ加害者が苛立ち、家庭内の緊張が高まる時期
  2. 爆発期:高まった緊張が、被害者への暴力という形で爆発する時期
  3. ハネムーン期:爆発期の出来事について大げさに謝罪する、機嫌をとる等、うってかわって優しくなる時期

ご質問者様のケースでは、上記のサイクルが繰り返されていると思われます。モラハラ加害者が優しい態度をとるのは、被害者が自分から離れないよう繋ぎとめるためのものです。

まず暴言の内容がどのようなものだったのか録音したり、書き留めたりして記録に残しましょう。暴言等を受けた時期とたまに優しくされた時期とを見比べるとサイクルが見えてきます。このサイクルを繰り返すうちに、サイクルの速度は上がり、モラハラの程度も深刻化するといわれています。動ける気力が残っているうちに証拠を持って早めに弁護士へご相談ください。

Q:

モラハラ夫との離婚が成立するまでの間、別居を考えています。夫に無断で別居したら違法になりますか?

A:

違法ではありませんし、それだけで法的に不利にもなりません。

法律上、夫婦の間には同居義務がありますが、夫による暴言等のモラハラから避難するための別居には、同居の継続が困難といえるだけの正当な理由があるので、違法とは評価されません。

夫のモラハラを理由に離婚したいなら、一人で悩まず弁護士へご相談ください

夫によるモラハラは、ときに「家族のためだ」「お前のためだ」といった言葉が使われるため、一方的な暴力や不貞行為といったわかりやすいものとは異なり、責任の所在に対する被害者の認知が歪められがちです。「夫がきつい言動をする原因は自分にある」「私が耐えられなかったせいで離婚になりそう」等、ご自身を責める感情を抱えていらっしゃるかもしれません。しかし、あなたは被害者であり、責められるようなことはありません。

それでも、夫と顔を合わせると、関係を切る罪悪感や何を言われるだろうかという恐怖心から、本心に蓋をして離婚の決意が鈍ってしまうおそれがあります。こうした事態を防ぐために、「離婚したい」と思う方は、弁護士に夫との交渉をお任せください。弁護士はご相談を受けるだけではなく、ご依頼を受ければ代理人として夫と交渉したり、調停や裁判の手続きに参加して、依頼者の味方となれる存在です。

弁護士法人ALGは離婚事件の経験豊富な弁護士が集まっており、これまで夫によるモラハラといえる行動に苦しむ数多くの方からご相談を受け、離婚成立という解決まで導いてきた実績があります。夫によるモラハラに耐えかねて離婚を悩まれている方、離婚に向けて動き始めたけれども一人ではご不安を感じられている方は、弁護士とご相談することでヒントや解決方法が見つかるかもしれません。

まずは、ぜひ弁護士法人ALGへご相談ください。

離婚のご相談受付
お電話でのご相談受付来所相談30分無料
24時間受付・年中無休・通話無料
まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

関連記事

弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口来所相談30分無料