不払いになっていた養育費について、交渉により月額30万円支払うよう合意が成立した事例

交渉

離婚の争点 養育費 養育費の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    養育費:30万円

事案概要

ご依頼者様は、相手方と交際中に妊娠をしたものの、結婚することなくお子様を出産しました。
もちろん、相手方には、認知をしてもらっていました。
しかし、その後交際相手と別れることとなり、養育費の話ができていなかったため、養育費についてもらうことなく、お子様を育てていきました。
ただ、お子様が大きくなり、進学の際に多額の費用が必要になることから、改めて養育費の話をして子供のためにも獲得するべきと考えて、専門家の必要性を感じられて、弊所に相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は、ご依頼者様からこれまでの経緯を聞いて、任意の支払いは期待できるか疑問を持ったものの、ご依頼者様の早期解決の意向もあり、調停の申立てではなく、交渉で支払いを求めることとしました。

交渉の中では、相手方も認知をしていることから養育費の支払い義務が生じていることを指摘した上で、担当弁護士が、これまでの養育費の不払いの事実を指摘して、遡って支払うように調停の申立ての検討もしていることなど、駆け引きを行いました。

その後、相手方は、弁護士に依頼したものの、相手方弁護士も認知していることから養育費の支払い義務は免れられないということで、養育費の支払い額の話に移っていくことができました。

結果

最終的には、養育費は、月額30万円という比較的高額な額を、調停まで行かずに交渉にて獲得することができました。
養育費は、何より子供の生活費であるために、離れて暮らしていたとしても、しっかり負担してもらいたいところですが、現実は、そもそも支払われていないケースも多いのが事実です。
もっとも、そのような場合でも、まずは、勇気をもって諦めずに請求して交渉していくという姿勢が大事であると思います。
子供のために必要な生活費にかかわる部分を請求していくのはむしろ当然であるという認識も大事になってくるかと思います。

本件のように、養育費についてお悩みの方はお子様のためにも一刻も早く相当額の養育費を獲得するように動いていくべきです。
離婚問題、養育費問題に精通した弁護士がいる、弁護士法人ALGの神戸法律事務所の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー