離婚慰謝料150万円、養育費は一人当たり3万円で調停が成立した事例

離婚慰謝料請求、養育費

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 DV
離婚の争点 養育費の請求
手続きの種類 調停
担当事務所 姫路法律事務所
結果
  • 【依頼前】
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:150万円
    養育費:9万円(3人)

事案概要

仕事の都合で別居中の相手方から離婚を切り出された依頼者が、離婚に応じるのであれば慰謝料や適正な養育費の支払いを受けたいとのことで相談されました。相手方は過去に不貞を行っていました。

弁護士方針・弁護士対応

慰謝料等の話をしっかりと行った上で離婚するため、離婚調停を提起しました。相手方の不貞については本件離婚の数年前の出来事で、探偵の調査結果等の証拠がある一方、当時は離婚に至らず、その後子どもも生まれているなどの事情もありました。相手方にも代理人が就き、不貞につき宥恕があった、依頼者側の原因にも離婚の原因があったなどと主張し、慰謝料の支払いの減額を求めてきました。弊所弁護士は、離婚は早く成立させたいが然るべき慰謝料の支払いは受けたいというご希望に沿うべく、相手代理人と調停内外で交渉を続けました。

結果

調停内外での協議・交渉の結果、離婚に伴う慰謝料として150万円、また養育費については子3人につき1人あたり3万円という適正な金額の支払いを受けるという内容で調停離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー