財産分与400万円、不貞慰謝料100万円を獲得して離婚成立した事例

離婚調停、不貞慰謝料請求訴訟

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料 財産分与 熟年離婚
手続きの種類 調停 裁判
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与・慰謝料:0円
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与・慰謝料:500万円

事案概要

ご依頼者様は、配偶者が職場男性と不貞している証拠をつかみ、弁護士を挟まずに交渉していましたが、らちが明かず、弊所にご相談いただきました。
ご依頼者様の希望としては、預金口座の管理を任せていたことから充実した財産分与と、慰謝料の獲得にありました。

弁護士方針・弁護士対応

その後、双方が代理人弁護士を選任し協議していましたが、配偶者側が、証拠があるにもかかわらず、頑なに肉体関係を認めなかったことで、協議が整わず、離婚については調停、不貞慰謝料請求については訴訟に移行することとなりました。
当然のことですが、確たる証拠があったことで、裁判所においては不貞行為があったものとして協議が進みました(相手方は最後まで否定していましたが。)。

結果

結果として、財産分与として金400万円、不貞慰謝料として金100万円を獲得する形で離婚調停及び訴訟における和解が成立いたしました。
ご依頼者様の当初の希望を叶えることができましたので、ご依頼者様には十分にご満足いただけた事案です。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー