婚姻費用8万円で、当面の間別居することの同意を得られた事例

離婚請求に対し、なるべく金銭をもらいたい

離婚の争点 婚姻費用
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方から離婚請求
  • 【依頼後・終了時】
    当面の別居、月8万円の婚姻費用

事案概要

依頼者は、相手方から急に家を出るよう強いられ、その後離婚を求められた。依頼者は、その後の生活があるため、離婚となるならなるべく多くの金銭を得たいという希望があった。

弁護士方針・弁護士対応

とにかく、まずは生活費の確保であることを話し、婚費分担調停を申し立てた。すると、相手方は離婚調停を申し立ててきた。

結果

婚費は、審判への移行も辞さずとして求めたところ、算定表上の月8万円で相手方も折れた。離婚に際しては、婚費の負担がなくなることを話し、そうであればまとまった費用が必要であると解決金を求めたが、額については折り合いがつかなかった。そのため、こちらは離婚の積極的意思はないので、当面の別居ということとなった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー