大幅に減額した解決金を提示し、パチンコ依存の妻との離婚が成立した事例

浪費に対する慰謝料請求

状況 離婚
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 交渉
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:150万円
  • 【依頼後・終了時】
    相手方へ解決金30万円

事案概要

相手方のパチンコ依存がひどく、借金こそないが、家計から資金を投じる状況が目に余るため、離婚及び浪費に対する慰謝料請求を希望したものである。

弁護士方針・弁護士対応

相手方は経済的に不安定さを理由に離婚を拒否、別れるなら逆に経済給付をしてもらわないとならないと主張。それまで相手方の方で家計を管理していたが、依頼者の確定申告状の所得金額は多くないところから、家計管理を取り戻した上で今後は相当と考える生活費しか払わないことを相手方に通告した。

結果

こちらが告げる生活費の額ではパチンコに行く余裕までは到底なく、それに対して相手方は渋ったが、そこで無理のないくらいの解決金を提示すると、離婚するからそれを払ってもらいたいと相手方も述べ、離婚が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー