同じ不貞相手に対して2回不貞慰謝料請求をした事例

不貞慰謝料請求での経済的獲得

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 裁判
担当事務所 大阪法律事務所

事案概要

依頼者は円満な夫婦生活を営んでいたが、ある日、妻の携帯電話を見て、会社の上司と浮気をしていることが発覚した。妻は浮気を認め、離婚をしたくないと言っているとご相談に来られました。考えた結果、夫婦には小さな子供がいるため婚姻関係は継続し、不貞相手の相手方に慰謝料請求することとなった。(1回目不貞慰謝料事件)その後、慰謝料500万円の支払い、個人的接触をしない等の下記の内容で公正書証を作成してスピード解決したが、その4か月後に再び妻が同じ不貞相手と浮気を継続していることが妻の携帯電話で発覚して、満身創痍の状態で再度ご相談に来られました。(2回目不貞慰謝料事件)

弁護士方針・弁護士対応

1回目不貞慰謝料請求事件で、不貞発覚後2カ月で公正証書作成を実施し、①真摯に謝罪する②慰謝料500万円を支払う③今後、妻と個人的接触を一切行わない④接触禁止に反した場合は違約金50万円を支払う⑤再び不貞行為に及んだ場合は違約金と別に損害賠償請求をする、という内容で公正証書を作成したにも関わらず、公正証書を作成した当月から、再び二人は個人的接触を再開し、遅くとも翌月に性交渉を行って密に連絡を取り続け、複数回性交渉を繰り返したことは、悪質な行為と判断した。また夫婦関係は完全に破綻し、離婚することとなったため、2回目不貞慰謝料請求事件は交渉ではなく、訴訟で受任することとした。

結果

2回目の不貞慰謝料請求事件にて、裁判上の和解での話し合いで解決金100万円(公正証書で定められた違約金50万円を含む)一括で支払われることとなり、1回目の不貞慰謝料請求事件の解決金500万円を合わせると、合計600万円を獲得することが出来た。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー