縁希望が叶わなかったものの、慰謝料減額で調停成立となった事案

離婚回避、慰謝料減額

状況 離婚したくない
離婚の原因 有責配偶者
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 調停
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:200万円を分割払い

事案概要

依頼者が不貞をしたことを理由として、相手方が子どもたちを連れて別居した。相手方は、弁護士に依頼をして離婚調停を申し立ててきたため、相談となる。依頼者としては、相手方との関係修復をしたいという希望を有しており、離婚については反対であったものの、どのように復縁を求めたらよいのかが分からないということで依頼となる。

弁護士方針・弁護士対応

復縁を希望していたため、依頼者の気持ちや反省の念を書いた手紙について、確認をし、必要な助言をすることとする。
そして、その手紙を渡して、相手方の気持ちが変わらないかを確認する。しかし、相手方の気持ちが変わらず、強く離婚を希望したことから、依頼者も相手方の気持ちを尊重し、離婚に応じることとする。
その後、離婚条件についての協議が始まるが、その際に、慰謝料として400万円を請求される。この慰謝料が高額に過ぎたため、慰謝料の減額交渉を行っていくこととする。

結果

最終的には、200万円の慰謝料を分割で支払うという内容での合意が成立し、そのほかの養育費、面会交流などについても、合意が成立した。そのため、離婚に関する全体的な条件が整い、離婚調停が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー