依頼者に有利な条件で、早期に離婚が成立した事例

経済的に充実した財産分与・自由な面会交流

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 財産分与 面会交流
手続きの種類 交渉
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与:不動産の売却益の2分の1
    面会交流:離婚条件によっては拒絶
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:不動産の売却益の約4分の3
    面会交流:依頼者は自由に面会交流をすることができる

事案概要

本件は、相手方が不貞し、子を連れて別居を開始し、双方が離婚を希望していた。ご相談の際にはすでに相手方から依頼者に慰謝料が支払われている状態でしたので、慰謝料を除いた離婚条件の交渉をメインにご依頼を受けました。
依頼者は、相手方に不貞をされた上に子を連れて別居され、かなり疲弊した状態で弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。

弁護士方針・弁護士対応

本件では、相手方と交渉して、まず、依頼者にとって経済的に充実した財産分与を内容とする離婚合意を締結することを方針としました。
そこで、弊所担当弁護士が、離婚を急いでいた相手方と不動産の売却益の割合について交渉しました。
また、相手方は、面会交流については、離婚条件によっては、依頼者が自由に行うことを拒むことも検討しているとの主張をしていたことから、面会交流と財産分与等の取り決めとは切り離して検討すべきである旨を、弊所担当弁護士が主張し、充実した面会交流を実現する内容を離婚条件とすることを交渉しました。

結果

交渉結果として、
不動産の売却益の約4分の3を依頼者に分与すること
依頼者が自由に子と連絡をとって面会交流をすること
等の内容で合意することができました。

相手方は早期に離婚を望んでいたことから、依頼者に有利な離婚条件を提示して交渉し、その結果、求めていた有利な離婚条件を獲得することができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー