浮気・不倫による離婚の慰謝料請求について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

最愛の夫(妻)が浮気や不倫をしていたら、あなたはどう思いますか?怒り、悲しみ、虚しさ、不信感…人によって抱く感情は様々でしょう。浮気や不倫によって傷つけられた心は、お金では癒せないかもしれません。しかし、前向きな一歩を踏み出すためには、しっかりと夫(妻)に慰謝料を支払わせてケジメをつけさせることも大切です。

本記事では、浮気・不倫の慰謝料について、金額の相場や請求する際に重要な証拠などに触れながら、詳しく解説していきます。

なお、すべてのケースで慰謝料が発生するわけではないため、注意が必要です。まずは、浮気(不倫)が原因で離婚する場合、そもそも慰謝料を請求できるのかどうか?という点から確認していきましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

浮気が原因で離婚する場合、慰謝料は請求できるのか?

浮気が原因で離婚する場合、受けた精神的ダメージを賠償してもらうために、慰謝料を請求できる可能性があります(※離婚しなくても慰謝料請求は可能です。)。

しかし、浮気されたからといって、必ずしも慰謝料を請求できるとは限りません。浮気の慰謝料を請求できるケースと請求できないケースについて、次項目より詳しく見ていきましょう。

なお、一般的に、「浮気」は交際段階も含めてパートナー以外の人を好きになることを、「不倫」は夫(妻)以外の人と肉体関係を持つことを意味します。いずれも法律用語ではなく、裁判所では「不貞行為」という言葉を使いますが、本記事ではわかりやすいよう、「浮気」という言葉をメインに使って解説していきます。

浮気の慰謝料を請求できるケース

浮気の慰謝料を請求できるのは、主に次の条件を満たしたケースです。

・浮気相手と肉体関係を持っている
基本的に浮気で慰謝料を請求できるのは、配偶者以外の人と肉体関係を持つ「不貞行為」があった場合です。

・浮気の証拠がある
証拠がないと裁判所としては浮気が事実なのか判断できず、請求が認められないおそれがあります。

・時効が成立していない
浮気の慰謝料の場合、「浮気や浮気相手を知ってから3年」または「浮気から20年」が時効期間となります。

・浮気によって権利を侵害された
浮気のせいで夫婦関係が壊れてしまった場合、夫婦が平穏に暮らす権利を侵害されたとして、慰謝料を請求できます。

また、浮気相手への慰謝料請求では、次の条件も満たす必要があります。

・浮気相手に故意・過失があった
例えば、相手が結婚していると知っていた、または知ることができる状況だったのに肉体関係を持った場合には、故意・過失があったと判断されるでしょう。

浮気の慰謝料を請求できないケース

次のケースでは、浮気の慰謝料は請求できません。

・時効が成立している
「浮気や浮気相手を知ってから3年」または「浮気から20年」が過ぎていると、時効により、浮気の慰謝料を請求できなくなります。

・浮気の時点ですでに夫婦関係が破綻していた
浮気されたとしても、すでに夫婦仲が悪かったり冷めきったりしている場合には、浮気のせいで夫婦が平穏に暮らす権利を侵害されたとはいえないので、慰謝料は請求できません。

また、浮気相手への慰謝料は、次のケースでは請求できませんのでご注意ください。

・浮気相手に故意・過失はなかった
例えば、「独身である」と嘘をつかれて肉体関係を持った場合、相手が既婚者であると気づける状態になかったのなら、故意・過失はなかったと判断されるでしょう。

・配偶者からすでに慰謝料の全額をもらっている
例えば、慰謝料を300万円とした場合、配偶者からすでに300万円全額をもらっているときは、浮気相手には慰謝料を請求できません。

浮気に対する離婚慰謝料の相場と計算方法

離婚の有無 慰謝料の相場
離婚しない場合 50万~100万円
離婚した場合 200万~300万円

浮気の離婚慰謝料の相場は、表のとおりです。離婚した場合の方が、受ける精神的ダメージは大きくなると考えられるため、離婚しなかった場合よりも相場は高額になります。

なお、相場はあくまでも目安にすぎず、そもそも“離婚慰謝料の計算式”というものは存在しません。心の傷大きさ・深さは人それぞれであり、決まった物差しでははかれないためです。個別の事情に合わせて金額を定めていくことになります。

下記の記事では、浮気に限らず、様々な離婚原因に応じた離婚慰謝料の相場について詳しく解説しています。ぜひこちらもご覧ください。

さらに詳しく
離婚慰謝料の相場

浮気の慰謝料の算定基準

裁判所が浮気の慰謝料を算定するときの主な基準は、次のとおりです。それぞれが抱えている事情を総合的に見て、「どれだけつらい思いをしたのか?」を判断し、妥当だと思われる金額を決めます。

  • 婚姻期間の長さ
  • 浮気の回数や頻度
  • 浮気をしていた期間
  • 浮気の悪質性
  • 夫婦間の子供の有無・人数
  • 離婚するかしないか
  • 浮気が発覚した後、謝罪の言葉はあったのか

相場より多く慰謝料を請求するためには?

相場より少しでも多くの慰謝料を請求したいのであれば、夫婦での話し合いが効果的です。この場合、お互いが合意できればいいので、あくまでも二人の中で自由に慰謝料の金額を取り決めることができます。結果、相場以上の慰謝料をもらえる可能性が高まるでしょう。

なお、話し合いを進めるなかで、相場より高めの請求額に折り合いがつかなければ、相手に分割払いを提案・認めるのも有用です。支払う側にとっては、一気に背負う負担が分散されるので、請求に応じてもらいやすくなるかもしれません。

相場より多く浮気(不貞行為)の慰謝料が獲得できた裁判例

【東京地方裁判所 平成29年11月7日判決】

事案の概要

浮気(不貞行為)によって婚姻関係が破綻させられたとして、妻が夫の浮気相手に対し、慰謝料の支払いを求めた事案です。

裁判所の判断

裁判所は、男女の関係を開始・継続していくうえで、婚姻関係が破綻していなかったことを、浮気相手は十分に知り得たと認めました。

そして、浮気(不貞行為)によって破綻させられるまで、婚姻関係は約44年と長期にわたっていたこと、このうち浮気相手との関係は少なくとも約17年もの間続いていたこと、離婚を求められてから間もなくうつ病にかかったことから、他の同様の事案に比べて、妻が受けた精神的苦痛は大きいと判断しました。

こうした事情から、慰謝料は「400万円」が相当であるとして、浮気相手に支払いを命じました。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

浮気の慰謝料を請求するには証拠が重要

浮気の慰謝料の請求では、相手が「浮気していた」ということを明らかにするため、証拠が重要なポイントになってきます。
浮気の証拠として、有効になり得るものの例は次のとおりです。

  • 写真や動画
  • 録音データ
  • メールやSNSでのやりとり
  • 領収書やクレジットカードの利用明細

それぞれ、さらに詳しく解説していきます。

写真・動画・録音

浮気の「写真・動画・録音」は、浮気相手と肉体関係を持っていたことがわかるものの方が、慰謝料請求で有利になりやすいです。
例えば、次のようなシーンを撮影した写真・動画です。

  • 浮気相手とラブホテルに出入りしている場面
  • 浮気相手の自宅に出入りし、一晩を過ごしたとき
  • 泊りがけで浮気相手と旅行したとき

また、「録音」の例としては、次のようなものがあります。

  • 浮気を認める発言を録音したデータ

より証拠能力を高めるためには、次の点も押さえておきましょう。

  • 撮影日時が表示されていること
  • 複数回の証拠であること
  • 動画や録音データを編集しないこと

メール・SNS

「メール」やLINE等の「SNS」でのやりとりは、日常的な内容だけでは、浮気の証拠としては弱くなってしまうでしょう。次のように、肉体関係があったとわかるようなものであることが重要です。

  • 浮気相手とラブホテルに泊まったことがわかる文面のメール・SNS
  • 浮気相手との性行為の内容について書かれているメール・SNS

証拠として使うのは、コピーしたものや画面を撮影したものです。「スクショでも良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、加工したと疑われるおそれがあるため、スクリーンショットではなく画面の撮影をおすすめします。

また、有効な証拠となるよう、メールの場合は日時が表示されている状態でコピー、または画面を撮影しましょう。なお、SNSの場合は、アカウントが浮気している本人であると明らかにする必要がありますので、ご注意ください。

領収書や利用明細

「領収書」やクレジットカードの「利用明細」も、場合によっては、浮気相手と肉体関係があることや、親密な交際をしていることを匂わせる証拠として役立つ可能性があります。例えば、次のようなものです。

  • ラブホテルの領収書
  • 旅行先で泊まったホテルの領収書
  • 高額なプレゼントを購入したときのクレジットカードの利用明細

ただし、領収書や利用明細からは、誰と使ったのか、誰のために買ったのかはわかりません。そのため、浮気の証拠として使うときは、写真や動画など、ほかの証拠と合わせた方が良いでしょう。

浮気の確実な証拠がない場合

浮気の確実な証拠がなかったとしても、話し合って相手が「慰謝料を支払う」と同意してくれれば、慰謝料をもらうことができます。

相手が同意してくれず、最終的に裁判を行うことになった場合には、浮気の証拠がないと慰謝料の獲得は難しいと考えられます。そもそも浮気があったとはいえないとして、請求が認められない可能性が高いからです。

証拠集めは、探偵に頼むという手もあります。また、自分では「証拠にはならない」と思っていたものが、実は証拠として役立つものだったというケースもあります。悩んだときは自己判断せずに、弁護士に相談して確かめると良いでしょう。

浮気で離婚すると損することもある?

離婚しないよりも離婚した方が、浮気の慰謝料の相場は高くなります。しかし、例えば、配偶者から毎月多くの生活費をもらっている場合、離婚して浮気の慰謝料をもらうより、離婚しないで浮気の慰謝料をもらい、さらに毎月の生活費をもらい続ける方が、長い目で見ると得だというケースもあります。

個別の事情にもよりますが、このように浮気で離婚すると経済的な面で損してしまうこともあり得ます。

浮気されたとき、感情的になってしまう気持ちもわかります。ですが、「離婚しなければよかった」と後悔してしまう事態は避けてほしいものです。急いで決断するのではなく、経済的な問題など将来のこともしっかりと考えたうえで、離婚するかどうか決断した方が良いでしょう。

浮気の慰謝料請求に時効はあるのか?

浮気の慰謝料は、いつまでも請求できるわけではありません。次のいずれかに当てはまると時効となり、請求できなくなります。

  • 浮気および浮気相手を知った時から3年が経過した
  • 浮気した時から20年が経過した

浮気が発覚して慰謝料を請求したいと思ったら、相手への交渉や裁判所の手続きは早めに行いましょう。

浮気が原因で離婚した場合の慰謝料に関するQ&A

Q:

肉体関係なしだと浮気の離婚慰謝料を請求することはできませんか?

A:

肉体関係なしだと、浮気の離婚慰謝料の請求は難しいでしょう。裁判で浮気の離婚慰謝料が認められるのは、基本的に不貞行為があった場合、つまり配偶者以外の人と肉体関係があった場合だからです。

ただし、肉体関係がなかったとしても、夫婦関係が壊れてしまうほど、浮気相手と親密な関係性であったのなら、慰謝料を請求できる可能性があります。

Q:

浮気(不貞行為)に対する離婚慰謝料は二重取りできますか?

A:

浮気(不貞行為)に対する慰謝料は、配偶者と浮気相手の両方に請求可能であるものの、二重取りはできません。浮気の責任は、配偶者と浮気相手に対して連帯して負わせるものですので、慰謝料も2人で合算したものとなるからです。

例えば、慰謝料を300万円とした場合は、配偶者と浮気相手で合わせて300万円となります。配偶者から300万円をもらって、浮気相手からも300万円をもらうというような、二重取りはできません。

Q:

浮気が原因で離婚する場合、配偶者と浮気相手の年収によって相場は変わりますか?

A:

配偶者と浮気相手の年収によって、離婚慰謝料の相場は変わる可能性があります。例えば、配偶者の年収が高く、ご自身は専業主婦であるケースでは、配偶者から支払われる慰謝料は高額になりやすいです。

一方、浮気相手の年収がご自身よりも低いケースでは、浮気相手から支払われる慰謝料は低額になりやすいでしょう。

ただ、年収のほかにも、婚姻期間の長さや浮気の程度など、慰謝料の金額に影響する要素は様々あります。そのため、たとえ相手の年収がご自身の2倍だったとしても、慰謝料も相場の2倍になるわけではありません。

Q:

離婚後に配偶者の浮気が発覚しました。離婚後でも慰謝料は発生するのでしょうか?

Q:

浮気相手だけに慰謝料を請求することは可能ですか?

浮気の慰謝料について悩んだら弁護士に相談してみましょう

夫(妻)が浮気していて、浮気相手と肉体関係を持っていた場合には、慰謝料を請求できます。たとえ離婚にまでは至らなかったとしても、慰謝料請求は可能です。

浮気の慰謝料請求では、“証拠”が重要なポイントになってきます。相手が「浮気なんてしていない」などと言い張る場合もありますし、浮気の証拠は裁判所の判断に影響するからです。

とはいえ、どのような証拠を集めれば良いのか、悩む場合もあるでしょう。また、相手との交渉や裁判の手続きに不安を抱く方もいるかと思います。

浮気の慰謝料について悩んだときは、まずは弁護士にご相談ください。弁護士なら、証拠の集め方について適切にアドバイスできますし、相手との交渉や裁判の手続きを代わりに行うこともできます。弁護士と一緒に、納得のいく解決を目指しましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する
弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修:谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)

弁護士法人ALG&Associates 事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事