電話受付専任の受付職員がお話を伺います

0120-979-164
通話無料

24時間受付・年中無休

慰謝料

妻の浮気が原因で離婚したい!慰謝料は請求できる?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

愛知県弁護士会所属。私たちは、弁護士名、スタッフを擁し()、拠点を構え、全国のお客様のリーガルニーズに迅速に応対することを可能としております。

奥様が浮気していることが発覚したときのショックは察するに余りあります。そして、離婚を決意される方もいらっしゃるでしょう。しかし、浮気されたにもかかわらずただ離婚するだけでは、お気持ちも晴れないのではないでしょうか。

この点に関して、妻に浮気をした事実があり離婚する場合、慰謝料を受け取ることができる可能性があります。お金で傷ついた心を癒すことはできませんが、それでも何もせずに泣き寝入りをするよりはずっと楽になるでしょう。

では、具体的にどのような場合に慰謝料の請求が認められるのでしょうか。以下、説明します。

弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口
通話無料24時間受付・年中無休

浮気した妻に慰謝料請求できるのか?

裁判離婚をするためには、不貞行為(肉体関係のある浮気)をした事実が必要ですが、「社会通念上不適切な交際」という条件を満たしていれば、金額の多寡は別として慰謝料請求が認められる場合があります。

また、浮気をした妻だけでなく、その浮気相手に対しても慰謝料を請求することが可能です。

浮気された場合の慰謝料について、詳細を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

さらに詳しく
慰謝料の基礎知識

浮気した妻が慰謝料を支払えない場合

慰謝料を算定する際には、当事者の資力も判断材料となります。そのため、妻が専業主婦である等、支払い能力に乏しい場合でも慰謝料の請求はできますが、減額される可能性があります。

減額しても一括払いが難しい場合には、支払いを分割にしたり、浮気相手に請求したりする等して、回収することを視野に入れましょう。

浮気による慰謝料の相場

精神的苦痛を客観的に測ることはできないため、慰謝料の金額を計算する明確な基準はありません。

もっとも、過去の判例や和解例を参考にした相場は存在します。一般的に、離婚に至らなかった場合には50万~100万円、離婚に至った場合には200万~300万円の慰謝料が認められることが多いようです。

なお、協議や調停において当事者が合意すれば、相場以上・以下の金額にすることも可能です。

慰謝料の相場について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

浮気した妻から確実に慰謝料をもらうには

浮気した妻から確実に慰謝料をもらうためには、浮気した事実を証明する証拠が必要です。例えば、ラブホテルに出入りする写真や妻と浮気相手の裸の写真、肉体関係のある交際をうかがわせるメールのやり取りを写した写真等が有力な証拠となります。

証拠があれば相手も言い逃れできないので、慰謝料を請求する際には、確実に証拠を手に入れてからにしましょう。

慰謝料はいくらもらえる?弁護士が親身にアドバイスをさせていただきます

妻が浮気をした場合には、慰謝料を請求することができます。しかし、妻が専業主婦である等、支払い能力に乏しい場合には、慰謝料の回収が難しいことがあるので、慰謝料の請求方法について考える必要があります。

また、慰謝料を請求する際には浮気の証拠が必要ですが、どのような証拠が有力なのか、どのように集めれば良いのか等、個人で調べるには限界があるでしょう。

そこで、ぜひ弁護士にご相談ください。離婚問題について詳しい弁護士であれば、支払い能力に乏しい相手への請求方法や浮気の証拠収集方法について、アドバイスをすることができます。

納得のいく解決のためにも、弁護士への相談をご検討ください。

浮気と親権の関係

親権者は子供の福祉を第一に決定されます。そして、浮気をしたというだけでは、愛情をもって子供を育てられないとはいえないと考えられているため、浮気をした母親であっても、特に幼い子供の親権者を決める際には浮気の事実が不利な事情となるものではないというのが現状です。

父親が親権を得るためには、現に子供が問題なく父親のもとで育てられているという状況や、母親の子育てに問題があり子供を健全に成長させられないこと等を証明する必要があります。

父親が親権を獲得するための具体的な方法等、親権について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

さらに詳しく
父親が親権を得るには

養育費について

浮気した妻が親権を獲得し、ご自身が養育費を支払わなければならなくなった場合、不公平感を持つのは当然かもしれません。しかし、養育費は子供の監護教育のためのお金であって、親の子供への扶養義務から支払うべきものですから、夫婦間の問題と切り離して考えるべきでしょう。浮気をした事実は養育費の支払義務や金額に影響しません。

養育費の詳細について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

慰謝料をもらっても損する場合がある?離婚で支払うお金について

たとえ十分な慰謝料をもらっても、離婚によって慰謝料額を上回る金銭の支払義務が発生し、結果的に損してしまうことがあります。

以下に、離婚によって発生する具体的な支払義務の例をまとめました。

財産分与

財産分与では、一般的に夫婦の共有財産が2等分され、夫と妻それぞれに分配されます。

したがって、例えば夫の退職金が既に支給されている場合には、夫婦の共有財産として財産分与の対象になるので、妻にも分配されます。退職金は高額である場合も多いので、2等分した金額が慰謝料の金額をはるかに超えることもあります。

財産分与の定義や詳細、退職金の取扱いについて知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

年金分割

夫の方が年金保険料を多く納めていた場合には、離婚時の年金分割によって、保険料納付実績の一部が妻に分割されます。

財産分与や年金分割によって支払われることになるお金の総額は高額になることも多いため、もらえる慰謝料と差し引きしてもマイナスになってしまうことがあります。

妻の浮気による離婚で損しないためにも、弁護士に相談することをお勧めします

妻の浮気を原因として離婚する場合、慰謝料をもらえるというプラスの事柄にしか目を向けず、安易に離婚してしまうことはお勧めできません。夫の収入が妻より多い場合には、財産分与や年金分割といった財産の分配をしなければならない可能性が高いため、慰謝料と差し引きしてもマイナスになってしまうおそれがあります。また、子供の親権が欲しいと思っても、特に幼い子供の親権者として父親が指定される例は少ないというのが現実です。離婚によって生じるマイナスの面にも目を向けて、離婚をするかどうか検討するべきでしょう。

その際には、離婚で得られる利益を最大にするためにも、弁護士にご相談ください。

浮気をされて、悔しさや悲しみ等、複雑な気持ちを抱えていらっしゃると思います。弁護士にご相談いただければ、そのお気持ちを晴らすために、最大限の手助けをさせていただきます。

妻の浮気と慰謝料に関するQ&A

Q:

妻の浮気が発覚しましたが、決定的な証拠が見つかりません。慰謝料請求は難しいでしょうか?

A:

浮気の事実をそれなりに推認させるものの、決定的ではない証拠しかない場合は、当事者の協議や調停で言い逃れされる可能性があり、裁判でも慰謝料請求が認められない可能性が高いでしょう。

決定的な証拠がないまま慰謝料を請求しても、妻の行動がより慎重になり、証拠を隠されるおそれが大きくなるだけです。このような場合には、離婚問題について経験豊富な弁護士に相談し、有力な証拠の集め方についてアドバイスを受けることをお勧めします。

Q:

別居中の妻が浮気をしているようです。このような場合でも慰謝料請求は可能でしょうか?

A:

婚姻生活が破綻しているかどうかで、慰謝料請求の可否が決まります。

浮気した妻に対する慰謝料請求が認められる理由は、夫婦の貞操義務に反する浮気という不法行為により、平穏な婚姻生活が壊され、夫が精神的な苦痛を受けたからです。この点につき、既に婚姻関係が破綻している場合には平穏な婚姻生活という法律上保護されるべき利益も消滅しているので、妻が異性と交際しても不法行為とはなりません。

別居中の浮気の場合、別居していればただちに婚姻関係の破綻が認められるというわけではなく、別居に至った経緯や別居中の生活の実態等の諸事情から破綻しているか否かが判断されます。そして、婚姻関係の破綻が認められる場合に、慰謝料を請求することができます。

Q:

妻の浮気で慰謝料が高額になるケースとは、どのようなケースでしょうか?

A:

離婚に関する慰謝料を計算する明確な基準はないものの、一般的に、次のような場合に慰謝料が高額になりがちです。

  • 婚姻期間・浮気期間が長い
  • (特に未成熟の)子供がいる
  • 妻・浮気相手の収入が多い
  • 浮気が複数回行われている、浮気相手が複数人いる等悪質である
  • 浮気相手の子供を妊娠・出産した
  • 浮気を二度としないという約束に違反した
  • 浮気相手に金銭を貢いでいた
  • 浮気していないと嘘をついた
  • 浮気が原因で別居・離婚した

浮気した妻への慰謝料請求で、わからないことがあれば弁護士に相談しましょう

妻の浮気を原因として慰謝料請求をするためには、妻と浮気相手が肉体関係をもったことを強く推認できるような、決定的な証拠が必要になります。このような証拠がないと、「浮気なんてしていない」と言い逃れされてしまいますし、妻もより慎重に行動するようになり、証拠を集めることがますます難しくなってしまいます。

妻が浮気しているのではないかと疑いを持たれている方は、弁護士法人ALGの弁護士にご相談ください。弊所は、離婚に関する専門のチームを設けていますので、証拠収集に関すること等、専門性の高い有益なアドバイスをすることはもちろん、傷ついたお心に寄り添った親身な対応で、慰謝料の獲得や有利な条件で離婚をするための助力をさせていただきます。ぜひ、弊所の弁護士にご相談・ご依頼ください。

離婚のご相談受付
  • 法律相談
    30分無料
  • お電話でのご相談受付

    0120-979-164

    通話料無料24時間受付・年中無休

  • メール相談受付
弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口
通話無料24時間受付・年中無休
まずは専任の受付職員がお話を伺います

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

関連記事

弁護士法人ALGの離婚問題専用窓口来所相談30分無料