介護離婚とは|慰謝料と親権について

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

「生涯を共にしよう」と誓い合った夫婦であっても、年月が過ぎ、お互いの両親が生活に手助けが必要になった頃も、同じ気持ちでいられるとは限りません。また、お互いに対する気持ちは変わらなくとも、実際に介護を始めたとして、些細なすれ違い等により積もり積もったストレス等が爆発しないといえるでしょうか。金銭的、身体的な負担のみならず、精神的にも大きな負担がかかる介護のストレスが蓄積した結果、離婚という選択をしてしまう夫婦も少なくありません。

もっとも、介護を理由とする離婚を成立させることはできるのでしょうか。また、介護を理由に離婚を切り出した場合、慰謝料を請求されてしまわないか、反対に慰謝料を請求できないか等、様々な疑問があると思います。

そこで、今回は介護を理由とする離婚について、概要を説明していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

この記事の目次

介護離婚とは

介護離婚とは、介護のストレスを原因として離婚することです。介護の対象は、(義)両親をはじめ、配偶者、子供、その他の親族というように幅広いですが、特に離婚に発展することが多いのは、妻が夫の両親(義両親)の介護を一身に任せられた場合です。このような場合、妻は義両親を介護しながら一日のほとんどを過ごすことになり、吐き出し口のないストレスを蓄積させていきます。それが限界を迎えると、妻から離婚を切り出すことが多いようです。

例に出したのは女性(妻)の場合ですが、男性(夫)が介護を一手に担い、その結果離婚に至ってしまうケースもあります。高齢化社会を迎えた現代では、多くの方にとって、介護は無関係なものではありません。

介護が原因で離婚する理由

なぜ、介護が原因で離婚まで発展してしまうのでしょうか。一番の理由は介護によるストレスだと思われますが、介護する対象によっても、離婚に至る理由は変わってくるものと考えられます。
そこで、次項より、介護対象別に考えられる理由を説明していきます。

義両親の介護が原因で離婚する場合

義両親は、配偶者の実親ではあるものの、自身との血の繋がりはありません。そのため、義両親との関係性によっては、ただでさえ負担の大きい介護によるストレスがより大きくなりがちです。

特に現在介護を受けている年代層には、未だに「義両親の介護は嫁の仕事」という価値観が根強いこともあり、妻が義両親の介護を一手に担っていることがあります。このような場合に、夫や義両親、その他の親族が、妻の献身を「当然のもの」として感謝の気持ちを持たずにいると、ストレスに耐え切れなくなった妻から離婚を切り出されてしまうことがあります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

実親の介護が原因で離婚する場合

実親の介護も、配偶者の理解がない場合には、介護離婚に至るきっかけとなってしまうことがあります。

例えば、配偶者から、「実家のことばかり気にして、家庭をおろそかにしている」「親は施設に入れたら?」等と無理解な言葉をかけられたとしたら、どうでしょうか。育ててくれた親に孝行をしたい気持ちを理解してくれない配偶者に愛想をつかせて、離婚という選択をすることは、決して珍しいことではありません。

夫・妻の介護が原因で離婚する場合

介護の対象となるのは、(義)両親だけではありません。時に夫婦の一方が介護の対象となってしまうこともあります。例えば、近年増加傾向にある、若年性認知症や血管の病気を発症してしまうと、若いうちから介護が必要になることがあります。

愛情があっても介護は相当な負担となりますし、それまでの夫婦関係によっては、介護に意欲がわかないケースもあるでしょう。また、認知症等では、介護をしている配偶者のことすら認識できなくなってしまうケースもあり、虚しさから離婚を決意する方もいらっしゃいます。

夫・妻の介護を理由に離婚するケースについて、詳しくは下記の記事をご覧ください。

その他の場合

他にも、妻(夫)が介護を一手に担っているにもかかわらず、感謝されないばかりか、要介護者や親族から不満を言われたり、夫(妻)や血縁関係のある親族が介護に協力してくれなかったり、最悪なケースでは、配偶者が介護を自分だけに任せて不貞していたりする場合に、介護をしている妻(夫)の忍耐が限界を迎え、離婚に発展することがあります。

介護離婚を考えているときは弁護士に相談してみましょう

介護離婚を考えている方に対しては、弁護士に相談・依頼することをお勧めします。

なぜなら、「介護」は法定の離婚事由ではないため、基本的に、離婚について夫婦の合意または裁判所の判決がなければ離婚できないからです。弁護士に話し合いの仲介や離婚交渉の代行を依頼すれば、相手方や調停委員、裁判官に対して説得的な主張を行い、依頼者に有利な結果を導くことが期待できます。

介護を理由に離婚することはできるのか

そもそも介護を理由に離婚することはできるのかというと、個別の事情によって異なります。具体的に離婚できる場合・できない場合については、次項より説明しています。

離婚できる場合

夫婦が合意すれば、どのような理由であれ離婚することができるため、介護離婚の場合も問題なく離婚できます。これに対して、配偶者の同意が得られない場合には、裁判によって離婚の成立の可否を判断してもらう必要があります。

離婚裁判を成立させるためには、民法770条に列挙されている法定離婚事由があると認められる必要がありますが、介護離婚の場合には、介護が「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たることを証明しなければなりません。つまり、介護が原因で夫婦関係が破綻しているといえる場合に限り、離婚が認められます。

法定離婚事由の詳細については、下記の記事をご覧ください。

離婚が難しい場合

離婚裁判では、基本的に有責配偶者からの離婚請求は認めておらず、認める場合でも厳しい要件を課しています。そのため、配偶者が離婚に同意しておらず、離婚を切り出した配偶者が有責配偶者の場合には、介護離婚を成立させることは難しいといえます。

介護離婚のときに慰謝料はもらえるのか

夫婦の一方が介護をするよう強要されたり、要介護者や配偶者の言動が原因で、うつ病等の精神的な病を発症してしまったりした場合には、要介護者や配偶者に対して、モラハラを理由に慰謝料を請求できる可能性があります。

離婚に伴い請求できる慰謝料について、詳しくは下記の記事で説明しています。

正当な額の慰謝料をもらうために弁護士に依頼しておきましょう

要介護者や配偶者等の言動がモラハラ行為に該当する場合、モラハラ加害者である要介護者や配偶者に対して、慰謝料を請求することができます。もっとも、モラハラは目に見える証拠が残らないため、立証が困難であるという問題があります。

そこで、弁護士の出番です。弁護士に相談し、共同してモラハラの証拠集めにあたることで、おひとりで取り組むよりも有力な証拠を集められる可能性が高くなります。また、交渉のプロである弁護士は、口が達者なモラハラ加害者との交渉でも引けを取ることはありません。

モラハラを立証して正当な額の慰謝料をもらいたいとお考えの方は、弁護士への依頼をお勧めします。

介護が必要な子供がいる場合の養育費と親権について

障害があり介護が必要な子供がいる場合でも、一般的に、家庭裁判所の「養育費算定表」を使って養育費を算出します。したがって、子供に障害があるというだけで、無条件に養育費が増額することはありません。

また、親権者を決定する際には、父母側・子供側のいろいろな事情が考慮されますが、子供が小さい場合には、母親が親権者として指定される可能性が高いでしょう。詳しくは下記の記事で説明しています。

さらに詳しく
養育費の決め方

介護離婚後の問題

一般的に、介護離婚をする夫婦は、どちらもそれなりの年齢であるケースが多いと思われるので、若年の夫婦に比べて、離婚後に問題が起きるおそれが大きいと考えられます。したがって、具体的にどのような問題が起きるおそれがあるのかを知ったうえで、離婚するかしないかを判断するべきでしょう。次項以下をご覧ください。

経済的な問題

離婚後、最初のうちは、財産分与で受け取った財産があるかもしれません。しかし、老後の生活を考えれば、働いて収入を得て、老後の資金を貯めておく必要があります。

とはいえ、長年専業主婦(主夫)をしていた場合等には、簡単に仕事を見つけることができるとはいえないでしょう。介護離婚をする場合は、事前に働き口を探しておく等、経済的に自立できる方法を見つけておく必要があります。

自分の介護問題

配偶者がいれば、自分に介護が必要な状態になったとき、配偶者に介護を頼むことができます。しかし、離婚した場合、再婚せず独身のまま介護が必要な状態になってしまったときには、誰かに介護を頼まなければなりません。

子供がいれば子供、または自分の兄弟姉妹等に介護を頼んだり、施設に入ったりすることが考えられますが、必ず介護を引き受けてもらえる保証はなく、また、施設への入所にはそれなりの金額が必要になるため、事前に準備しておく必要があるでしょう。

介護離婚を回避するためにできること

介護離婚を回避する対策としては、以下のようなものが考えられます。

・健康に配慮する
そもそも介護をすることがなければ、介護離婚に発展することはありません。したがって、介護が必要な状態にならないように、両親や配偶者の健康に配慮しておくことが重要です。

・介護施設等の利用を検討する
介護をする必要がある場合でも、介護施設に入所してもらう、またはデイサービスを利用する等して、介護者の負担を減らすことで、介護離婚に発展するおそれを小さくすることができます。

・夫婦や親族間で話し合い、介護に協力してもらう
介護離婚の原因のひとつとして、要介護者の親族が介護に非協力的であったり、協力しないのに口だけ出したりする等して、介護者に負担が集中することが挙げられます。夫婦や親族間で話し合って介護を分担してもらい、介護の負担がひとりに集中しないようにすることも、介護離婚を回避するうえで大切です。

・介護離婚をする前に、別居する等、冷静に考えられる状況を作る
介護離婚を考える状況ということは、介護のストレスに大変追い詰められている状況であるということでしょう。離婚すれば介護の負担から解放されるとはいえ、デメリットもあります。一度落ち着ける場所に別居する等して、冷静に考えてみると、また違う解決策が見つかるかもしれません。

介護離婚を切り出された場合は、弁護士に相談して冷静な対応をしましょう

介護離婚を切り出されるということは、配偶者が結婚生活に不満を抱く、明確な原因があるということです。その原因が何なのか、どのようにすれば原因を取り除けるのか等、様々なことをお考えになるかと思います。しかし、おひとりで悩みすぎないでください。悩みこむ代わりに、数々の離婚問題を解決に導いてきた弁護士にご相談いただければ、一緒に対応策を考えさせていただきます。

「離婚したい」と、配偶者から介護離婚を切り出されてしまった場合は、弁護士に相談し、冷静な対応を心がけましょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

介護離婚に関するQ&A

Q:

夫と死後離婚した場合、義両親の介護は拒否できますか?

A:

死後離婚をするにせよしないにせよ、通常は義両親の介護義務を負うことはありません。そのため、通常は介護を拒否することができます。

Q:

離婚する際、介護が原因でうつ病になった事情がある場合には慰謝料を多くもらえますか?

A:

介護が原因で慰謝料が多くもらえる、という場面はあまりないでしょう。介護のほかにモラハラ等の慰謝料発生原因があれば、モラハラ等だけを理由にするよりも、多額の慰謝料が獲得できる可能性は上がるといえます。

Q:

介護を拒否すると離婚原因になりますか?

A:

介護を拒否したことそれ自体が離婚原因となることは、原則としてありません。もっとも、離婚協議において、相手方から介護拒否が離婚原因として主張されることはあるでしょう。

Q:

離婚するときに、押しつけられた介護を理由に介護費用をもらうことはできますか?

A:

介護者と被介護者の関係によりますが、原則として、介護をする義務は被介護者の実子等に生じますから、介護義務がなくなった介護者は、もらうことができる可能性があります。

Q:

介護離婚の際、財産分与はどのように行いますか?

A:

財産分与は、婚姻期間中に形成した夫婦の財産を、離婚を契機に、原則として半分ずつに分ける制度です。介護離婚の場合も、原則として夫婦で形成した財産を半分にすることになるでしょう。

さらに詳しく
財産分与とは

経験豊富な弁護士に依頼しておくと介護離婚の手助けをしてもらえます

介護離婚は、離婚後のデメリットを考えればできるだけ避けたいものです。しかし、介護のストレスを限界まで我慢し続けては、心身の調子を崩してしまいかねません。ご自身のためにも、要介護者のためにも、介護の問題をおひとりで抱えるべきではありません。そのような場合には、離婚も選択肢に入れてみると良いでしょう。

介護離婚を思い立ったときは、介護離婚の問題を取り扱った経験のある弁護士に依頼することをお勧めします。なぜなら、介護を理由とした離婚は、他の離婚原因と比較して離婚が認められにくいからです。そこで、介護離婚に関する交渉についての実績を持ち、配偶者や調停委員、裁判官等に説得的に主張・立証することができる弁護士を選ぶことをお勧めします。

行き詰った状況を打破するためにも、まずはお気軽に弁護士にご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事