浮気・不倫による離婚の慰謝料について解説

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
この記事の監修
弁護士 谷川 聖治
弁護士法人ALG&Associates 執行役員

「最愛の夫(妻)が浮気(不倫)をしていた…」配偶者の浮気・不倫によって傷つけられた心は、お金では癒せないかもしれません。しかし、しっかりと夫(妻)に慰謝料を支払わせてケジメをつけさせることで、前向きに一歩を踏み出せるでしょう。

本記事では、浮気・不倫の慰謝料について、その相場や、請求する際に必要となる証拠といったポイントを押さえて解説します。なお、すべてのケースで慰謝料が発生するわけではないため、注意が必要です。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

浮気・不倫が原因で離婚する場合、慰謝料は発生するのか?

性格の不一致といった、夫婦のどちらにも責任がない理由で離婚する場合、基本的に慰謝料は発生しません。しかし、浮気・不倫が原因で離婚する場合のように、どちらかにその責任があることが明確なときには、離婚について責任のある配偶者(有責配偶者)は、他方配偶者に対して慰謝料を支払う義務を負います。

浮気の慰謝料の支払義務は誰に発生する?

慰謝料は、精神的損害に対する賠償であり、精神的損害を与えた加害者が被害者に支払う義務を負います。

この点、浮気の加害者は、浮気をした配偶者と浮気相手の2人です。したがって、加害者である2人は、原則として、被害者である他方配偶者に慰謝料を支払わなければなりません。なお、配偶者にのみ、あるいは浮気相手にのみ慰謝料を請求できるほか、両者に請求することも可能です。請求相手別の詳しい説明については、下記の各記事をご覧ください。

慰謝料の支払義務を負わないケースもある

例外として、たとえ浮気をしたとしても、慰謝料の支払義務を負わない次のようなケースもあります。

  • 浮気をした時点で、既に夫婦関係が破綻していた
  • 浮気をした時点または知られた時点から日が経っており、時効が成立している

また、次のケースでは、浮気相手のみ慰謝料の支払義務を負いません。

  • (浮気相手が)交際している相手が既婚者であることを知らなかった

そもそも不貞行為とは?浮気や不倫との違い

ここまで、「浮気・不倫」という言葉を使って説明してきましたが、より正しく表記するのであれば、「不貞行為」という言葉を用いるべきでしょう。

不貞行為とは、一般的には、配偶者以外の人との性交やその類似行為をいいます。そして、不貞行為は不法行為に当たり、慰謝料の請求根拠となります。

これに対して、「浮気」は、交際相手以外の人を好きになることをいう場合が多く、「不倫」は、配偶者のいる人が配偶者以外の人と肉体関係を持つことをいう場合が多いです。一般的に、「不倫」のことを「不貞行為」と呼ぶと解して良いでしょう。

不貞行為に対する慰謝料(不貞慰謝料)の相場

離婚に関連する慰謝料の相場は、個々の事情に応じて大きく変わります。詳しい内容については、下記の記事をご覧ください。

不貞慰謝料の金額の判断基準

不貞慰謝料の金額を算定する際の主な判断基準は、次のとおりです。

  • 不貞行為発覚前の夫婦関係が良好か否か
  • 婚姻期間の長短
  • 不貞行為をしていた期間の長短、頻度
  • 不貞行為の悪質性
  • 夫婦間の子供の有無
  • 不貞行為発覚後の謝罪・社会的制裁の有無
  • 夫婦が離婚に至ったか否か
  • 不貞相手の認識・意図

慰謝料の金額は様々な要因で変動します。わからないことがあれば弁護士に依頼することをおすすめします

慰謝料の金額は、様々な要素を考慮して決められるため、一律に計算する方法はありません。ご自身の場合にはいくら受け取ることができそうか、気になる方は、弁護士に依頼することをおすすめします。

弁護士に依頼すれば、慰謝料の金額を見積もってもらえるだけでなく、交渉の代行もしてもらえるので、自身の要求を最大限通すことができる可能性が高まるでしょう。また、問題の解決にかかる手間や時間、ストレスを最小限にすることができます。

不貞慰謝料についてお悩みのことがあれば、ぜひ弁護士にご相談ください。

不貞慰謝料について争う場合は証拠が重要

不貞慰謝料を請求するためには、不貞行為があった事実を証明する必要があります。そして、より適正な金額を受け取るためには、不貞行為の期間や頻度、悪質性の程度についても証明できなければなりません。そこで、有力な証拠を複数集めておくことが重要になります。

不貞行為の証拠としては、以下のようなものが挙げられます。

写真・動画

写真や動画は特に重要な証拠となります。

肉体関係があることを直接的に示す写真や動画は決定的な証拠ですが、ラブホテルに出入りする写真や動画も有力な証拠のひとつです。

これに対して、ビジネスホテルに別々に出入りする様子を撮影した写真や動画は、証拠としては弱いと思われます。もっとも、同様の状況が多数あり、これを撮影した複数回分の写真や動画が揃っていれば、有力な証拠となり得ます。

メール・SNS

肉体関係があると強く推測できる内容のメールやSNSのメッセージも、有力な証拠です。例えば、2人でラブホテルに宿泊した事実が明らかな文面のメールや性行為の内容についてのメッセージからは、肉体関係があると強く推認できるので、有力な証拠となり得ます。

領収書

領収書やクレジットカードの明細等も、場合によっては有力な証拠となり得ます。

ラブホテルの領収書や、旅行先での2人分の領収書、高額なプレゼントを購入した際のクレジットカードの明細等は、配偶者以外の人と肉体関係がある、または親密な交際をしていることを間接的に示す証拠です。したがって、有力な証拠となり得ます。

不貞慰謝料の金額を決める方法と流れ

不貞慰謝料は、金額をはじめとする条件を口頭で確認して定めることも可能ですが、公正証書等の書面に条件を記載して定めることも可能です。また、条件が折り合わない場合には、裁判を申し立てて裁判所の判断を仰ぐという方法もあります。

詳しくは下記の各記事をご覧ください。

不貞慰謝料はいつまで請求できるのか?

不貞慰謝料は、いつまでも請求することができるわけではありません。次のいずれかにあてはまる場合、請求することができなくなります。

  • 不貞行為および不貞相手を知った時から3年が経過した
  • 不貞行為が行われた時から20年が経過した

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

浮気・不倫が原因での離婚慰謝料に関するQ&A

Q:

好きな人ができたので離婚を考えています。配偶者へ慰謝料を支払う義務は発生しますか?

A:

婚姻中に好きな人ができただけであれば、不貞行為には当たらないため、配偶者に慰謝料を支払う義務は発生しません。しかし、婚姻中にその方と不貞行為にまで至ってしまうと、配偶者に慰謝料を支払う義務が発生してしまいます。ですから、その方と交際するのであれば、まずは離婚をすることをおすすめします。

Q:

離婚後に配偶者の浮気が発覚しました。離婚後でも慰謝料は発生するのでしょうか?

Q:

不貞慰謝料と離婚慰謝料の違いは何ですか?

A:

不貞慰謝料は不貞行為に対する慰謝料であり、離婚慰謝料は離婚の原因である有責行為(不貞行為やDV、悪意の遺棄等)に対する慰謝料です。もっとも、離婚の原因が不貞行為のみである場合には、両者に大きな違いはないでしょう。

不貞慰謝料について悩んだら弁護士に相談してみましょう

不貞慰謝料を巡るトラブルでは、加害者が、自身に支払義務があることを認めなかったり、こちらが提示した金額を受け入れなかったりすることがあります。また、離婚を拒否する、離婚の条件に合意しないといったような態度を加害者にとられ、膠着状態になり協議が進まなくなりがちです。そのため、不貞慰謝料を請求したいと思われる方は、あらかじめ離婚問題について経験豊富な弁護士に相談しておくことをおすすめします。

多くの離婚問題を解決してきた弁護士であれば、これまでの経験に照らして、折り合いをつけるべきポイントを見極めることができるので、闇雲に要求を続けるよりも、こちらの希望を反映させた結果を導きやすいといえます。

不貞慰謝料をはじめ、離婚に関連する問題等に少しでもお悩みのことがあれば、ぜひ弁護士にご相談ください。ご相談者様のお心に寄り添って対応させていただきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

お電話でのご相談受付

0120-979-164

24時間受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事