Interview with a lawyer.

これからの人生を含めて救う助けとなる これからの人生を含めて救う助けとなる これからの人生を含めて救う助けとなる

弁護士
Profile

執行役員 弁護士 谷川 聖治Seiji Tanigawa

  • 出身校:神戸大学 法学部、京都大学 法科大学院
  • 所属弁護士会:愛知県弁護士会

弁護士 谷川 聖治にとっての「離婚弁護士」とは

「離婚」というと、すごくネガティブなことのように捉えられがちで、相談に来られる方は、精神的にかなり疲れていたり、将来の人生像がみえてこなかったりする方が、非常に多いんです。 私にとっての「離婚弁護士」とは、そのようなお客様の将来の幸せを考え、単純な法的サービスを超えて、お客様のこれからの人生を含めて救う助けとなることができる弁護士だと思っています。

to interview

弁護士

離婚弁護士と普通の弁護士との違いは何ですか?

多くの弁護士が、「離婚事件は、弁護士だったら誰でもできる」と思いがちです。専門知識が必要だということにすら気づいていない弁護士も多くいます。離婚事件は、一般的な普通の弁護士には、見通しがつかないボランティアだと思われている節があるので、真剣に勉強しようという弁護士が少なく、それにもかかわらず、みんなが簡単にできると思っている、結構怖い分野です。 ですが、離婚事件を扱っていけばいくほど、真剣に取り組めば取り組むほど、離婚事件って奥が深いんです。弁護士としての法的素養・能力・実力が、非常に試される分野なんですね。 単純な法的なところではなくて、人の感情やお互いの経済的な関係だとか、依頼者や相手方が、どこに関心を抱いているのか、何を幸福だと感じているのか、どこに不満があるのかというところを掘り起こし、解決していかなければならないのが、離婚事件です。 人と人との心の深い部分を探るために掘り起こし、解決していく、そこに対して真摯に、かつ本気で依頼者のために向き合っているのが、離婚弁護士であり、普通の弁護士との違いなのかなと思います。

応接室

離婚弁護士の仕事のやりがいは、どのようなところに感じますか?

離婚問題で相談に来られる方は、皆さんそれぞれにお困りの事情があります。そもそも私が弁護士を目指したのは、「困っている人を助けたい」という思いからでした。弁護士は、そういう困っている人を助けたいって気持ちを根本的に叶えてくれる一番の職業だと思うので、やりがいを感じます。 技術的なことでいうと、はじめに想定したとおり、事件の相手方も、相手方の気持ちも、相手方代理人も裁判官も動かせているときは、私がその事件自体を支配している感覚がして、職人として悦に浸れるっていうところはあります。 ただやっぱり、お客様が幸せそうな顔をしてくれたり、「先生に依頼した後こんなことありました」とか、案件終了後にも現在の状況を報告してくれたりすることがあるんですけど、それは本当に一番嬉しいですよね。

相談を受ける際、心がけていることはありますか?

相談が終わってお帰りになる際、相談に来られたときと比べて、少しでも肩の荷が軽くなった、安心できた、不安が取り除けたと相談者に思っていただけるようにすることを、一番心がけています。 そして、お子様のことですよね。離婚事件で、ほとんどの方は、自分のことよりも、自分を含めたお子様のことをお考えになられています。なので、お子様の将来や成長、生活というところは、できる限り私の方から積極的にお話を聞き、一緒に考えてみようと思って、相談を受けています。 相談者としても、真剣に考えてはいらっしゃるんですけど、自分一人で考えてしまうと、どうしても視野が狭まってしまったり、目に見えない不安に押しつぶされそうになったりすることがあるんです。そういうところを、一緒にお話することで、お客様自身に、「そういう見方もあるのか」と気づいてもらえたり、「こうした方が幸せかもしれないな」と思えるきっかけを見つけてもらえたりしたら良いなと思いますね。 あと、私が心がけていることは、できる限り相談者の立場に立ち、相談者が体験してきた今までを、ほんの少しでいいから追体験しようということです。お客様が、辛いと思っていること、悩んでいる状況に、私自身も同じ気持ちになれるように心がけています。 そのためにも、「そのときどんな気持ちになったのかな?」「何が起こったんだろう?」といったところを探り、できるだけお客様の気持ちや状況に対して、リアルに私自身が追体験できないかって思えるまで、お話を聞くようにしています。

弁護士バッチ

男性弁護士ならではのサポートとして、どのようなことが考えられますか?

基本的に、男性弁護士の方が女性弁護士より優しいという部分は、あるんじゃないかなと思っています(笑)。 男性弁護士というか、私自身のことにはなるんですけど、融通が利きやすいっていうところはあるかもしれないですね。女性弁護士の方が、きっちりかっちりしている人が多い気がします。当然、弁護士として、法的にしっかりしている弁護士であるということは大事なんですけど、許される幅っていうのはあります。離婚事件は、基本的に話し合いなんでね。話し合いの途中では、もちろん違法なことはやってはいけないし、不用意な発言には気をつけなければなりませんが、法的には少し無理筋なんだけれど、やっぱりこれは伝えておきたいっていうことに対しては、男性弁護士の方が聞いてくれるように思いますし、私としても、そこに依頼者の伝えたいことの真意があると思っていますので、できる限り大事にしています。

離婚問題に悩んでいる方に、弁護士を選ぶときのポイントをアドバイスするとしたら、どのようなことが挙げられますか?

普通は、離婚事件に精通している弁護士かどうかって、わからないんですよ。ポイントとしては、法的な手続きばかりを言う弁護士は、おそらく離婚弁護士ではないと思います。 離婚事件は、扱えば扱うほど、すべての事件が違うんですね。お客様が置かれている状況、なぜ離婚に思い立ったのか、現状どういう生活なのか、将来どうすべきなのかっていうところが、本当に千差万別で、似たような事件はあったとしても、同じ事件は、私自身の今までの体験でもありません。 法的な観点は、もちろん必要にはなってきますが、法的手続きだけではなく、具体的な事実の経過に即してアドバイスをしてくれる弁護士は、おそらく本当に離婚に強い弁護士だと思うので、そういう弁護士に依頼した方が良いと思います。

普通の弁護士か、それとも離婚弁護士かって、見分けがつきにくいんですが、お客様の具体的な背景・事実を捉えて考慮しないと、離婚弁護士というプロフェッショナルとして、お客様の気持ちに寄り添うことは実現できないんです。相談してみて、実際にお話するなかで、そういった点はわかるのではないかなと思います。 やっぱり、「自分の人生しっかり見てくれてるな」と感じられる弁護士を選んでいただけたら、基本的に間違いないのではないかなと思います。

弁護士

依頼者から言われて嬉しかったことは何ですか?

基本的に、お叱り以外はなんでも嬉しいんですけど、「先生に相談してよかったです」「安心できました」って言われるのは、本当に嬉しいです。私自身も、そんな風に言ってもらうために、真剣に相談を受けているというところがありますし。 あと、「なんか困ったことあったらすぐ先生に連絡しますね」と言われて、案件終了後も繋がりを持つ方が多いんですね。前に依頼を受けたお客様から、友達を紹介されたり、「こんなことで困ってるんですけど、先生どうしたらいいですか?」と、別の案件で相談されたりすることは、よくあります。私が話していることや事件の進め方に対して、全幅の信頼を寄せていただいて、案件が終わった後もお付き合いできるっていうのが、非常に嬉しいなと思います。 その他にも、これは言われたっていうものではないんですが、相談を受けているときに辛くて泣かれていた方が、相談後お見送りする際に、少しでも笑顔になられているのを見ると、弁護士をやっていてよかったなと、お話した甲斐があったなと思いますね。

今まで解決してきた事例のなかで、特に印象に残っていることはありますか?

案件がうまくいって、笑顔を見せてくれたお客様はたくさんいらっしゃいますが、うまくいった事案よりうまくいかなかった事案の方が、やっぱり記憶に残っているんですね。「あのときこうしておけばよかった」「もっとこういうことできなかったか」といった気持ちがどうしてもあるので。 なかでも、強く印象に残っているのは、やれることはやったのに、親権を獲得できず、依頼者の元にいた子供を相手方に引き渡しに行ったという事例です。私が弁護士になってから初めての親権争いで、男性側が依頼者でした。依頼者が相手方に子供を引き渡しに行く際に付き添ったんですけど、子供もお父さんも、引き渡されるお母さんも、全当事者が号泣していて、そんななかで、私としては、「みんな幸せになって、子供も幸せになってほしい」と思っていました。 当時、親権については、裁判所の判断が現在よりもまだ女性寄りだったので、今だったら、裁判所はもう少し具体的な中身をみてくれて、たぶん違う結論が出たんじゃないかなと思います。ひと昔前までは、「親権は女性の勝ちでしょ」みたいな色眼鏡が本当にある状況でしたから。共働き世帯が増えたっていうのもあるとは思うんですけど、やっと最近は、事情があれば男性もそれなりに戦える、裏を返せば女性もうかうかしてられない状況になったんじゃないかなあと感じていますね。

離婚問題に悩まれている方へ

「悩んでいるのは私だけ…」「他人に相談することじゃなくって、自分で解決すべきことなんだ」というように思ってしまい、どうしようもなくなったときに弁護士に相談される方が多くいらっしゃいます。ですが、離婚問題には、気持ちの問題、お金の問題、その後の人生の問題と、すべて含まれるので、自分一人で悩んでいても、なかなか良い答えは出てこないんです。悩まれているのなら、相談相手としてという感覚でもいいので、ぜひ弁護士にしっかり相談いただけたらと思います。 また、弁護士との付き合いは、1年近く続きます。弁護士を就けたことがストレスになったら、何のために相談に来たのか、元も子もない話になってしまいますので、信頼できるな、安心して頼めるなって感じられる弁護士を選んでほしいです。

弁護士法人ALGには、「他の弁護士に頼んだんだけど、うまいこといかなくて…」「今の弁護士が全然動いてくれない…」といったことで相談に来られる方が、本当にいっぱいいらっしゃって、お話を聞いていると、「なんで初めから私たちのところに頼まなかったんだろう?」と思ってしまうことは、けっこうあるんですね。 数多くの離婚事件に真摯に取り組んできているというのが、弁護士法人ALGの強みであり、経験から高めたクオリティは、事業部や各支部全体にも浸透しているので、安心して相談いただけると思います。

離婚事件は、弁護士に任せたらすべて解決できるものではありません。弁護士というのは、お客様と一生懸命に話をして、解決に向けて方針を考えていく、お客様と一緒に歩むパートナーだと思っています。ご自身やご家族の未来のために、パートナーとして、一緒に考えて歩んでいきましょう。

弁護士