弁護士法人ALG&Associates 離婚相談弁護士 離婚相談弁護士

これからの人生を 一緒に考えていきましょう これからの人生を 一緒に考えていきましょう

離婚問題ご相談受付

来所相談 30分無料 来所法律相談30分無料

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います。お気軽にご相談ください。

0120-979-164 今すぐ無料電話相談

通話料無料・24時間受付・年中無休

メール相談受付

子供の親権を獲得したい

親権問題を有利に進めるためには弁護士にお任せください

未成年の子供がいる場合は親権者を決めないと離婚することができません。そのため、未成年のお子様がいらっしゃるご家庭では、父母のどちらが親権を持つかで揉めるケースも多々あります。親権問題を有利に進めるためには、親権を獲得するための条件を把握し、入念な対策を練ることが重要です。

このようなお悩みはありませんか?

  • 離婚協議において親権者をどちらにするか話し合いがまとまらない
  • 相手が子供の親権を渡さないと離婚しないと主張している
  • 離婚が成立する前に相手が子供を連れて家を出て行ってしまった

一度決めた親権者は変更することが困難です 安易に決めず弁護士にご相談ください

「早く離婚したい」「親権は後から取り戻せば良いだろう」といった思いから、安易に決めてしまった親権を後から変更することは、非常に困難です。当事者間の協議では変更できないため、調停手続を要し、場合によっては審判、裁判に移行することもあります。

img img

 親権の知識親権者とは別に監護者を定めることができる場合もあります  親権の知識親権者とは別に監護者を定めることができる場合もあります

親権には、大きく分けて「財産管理権」と「身上監護権」があります。離婚時には父母のいずれか一方が親権者となりますが、その多くの場合で財産管理権と身上監護権の両方を有することになります。親権のうち、身上監護権は、例外的に親権者とは別に監護権を行う監護者を定めることができます。つまり、離婚する父母のいずれか一方が親権(財産管理権)、他方が監護権を有することができるということです。 親権身上監護権財産管理権 親権身上監護権財産管理権

親権者と監護権者が別々になるケース

  • 親権者が海外赴任で子どもとの同居が不可能な場合
  • 離婚の親権争いに収拾がつかない場合 など
先生

ご依頼者様とお子様の幸せを見据えて、
最良の解決を目指します
まずは弁護士にご相談ください

親権を決める流れ

離婚時に親権者を決めるには、まず父親と母親との間で協議(話合い)を行います。協議でも折合いがつかない場合は、家庭裁判所に調停の申立てを行います。揉めることが見通せる場合でも、裁判を行うには調停を経なければならない(調停前置主義)という決まりがあるため、この段階を踏むことになります。調停も不成立となった場合は、裁判官が調査官の調査内容や資料等から判断・決定する審判が行われ、不服がある場合は、裁判を提起し判決によって親権が決定となります。

協議調停審判裁判 協議調停審判裁判

  1. 協議

    協議を有利に進めるためにも弁護士にお任せください

    まず父親と母親との間で協議(話し合い)を行います。当事者だけで話し合いを行うのは感情的になりやすく、話し合いが長引き、上手くまとまらないこともあります。離婚問題に精通した弁護士は、親権獲得を有利に進める条件や対策をご提供できるうえ、ご依頼者様の代理人として交渉一切を請け負いますので、精神的にも時間的にも負担を軽減することができます。

    強み1
  2. 調停

    離婚問題に精通した弁護士が調停手続をすべて請け負います

    協議で折り合いがつかない場合は家庭裁判所に調停の申し立てをします。専門的な知識や手続きが必要な調停ですが、弁護士にご依頼いただければ、ご依頼者様の代理人として調停手続等の一切を請け負います。経験豊富な弁護士がご依頼者様が親権を獲得できるよう全力を尽くします。審判や裁判に移行する可能性も考慮して準備を行いますので、調停不成立となった場合でもスムーズに次の手続きに移行することができます。

    強み2

これからの人生を 一緒に考えていきましょう これからの人生を 一緒に考えていきましょう

離婚問題ご相談受付

来所相談 30分無料 来所法律相談30分無料

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います。お気軽にご相談ください。

0120-979-164 今すぐ無料電話相談

通話料無料・24時間受付・年中無休

メール相談受付

ご相談の流れ

  • 01お電話かメールにて
    お問合わせください

    まずはお電話かメールにてお問合わせください。離婚問題専任の受付職員がご相談者様の状況やご相談内容について丁寧にお話を伺います。受付職員がご相談内容を事前に把握することにより、弁護士との無料法律相談をスムーズに行えるようサポートいたします。

    お問合せください
  • 02弁護士との法律相談

    ご相談者様が来所されるまでに担当弁護士がご相談内容を把握している状態となっています。したがってご相談当日は前提事実の確認を済ませた後、お困りになっている事柄につき核心に迫ったお話に入ることができ、弁護士が具体的なアドバイスをさせていただくことができます。

    法律相談
  • 03ご契約

    ご依頼頂ける場合にはお客様と当事務所との間で委任契約を締結いたします。

    ご依頼後に委任された事件のことで弁護士との打合せ等をすることがあっても別途相談料がかかることはありませんのでご安心ください。

    ご契約
  • 04弁護士と打ち合わせ

    離婚条件や今後の交渉戦略等を弁護士と打ち合わせをします。

    これまでの生活状況等もお聞きし、ご依頼者様の利益を最大化できるように戦略を練ります。

    弁護士と打ち合わせ
  • 05弁護士が相手と交渉

    ご依頼者様と決めた条件を実現できるように、弁護士が配偶者と交渉します。交渉後は、相手方との交渉内容や進捗を、ご依頼者様にご報告します。※ご依頼者様の希望を実現するよう弁護士が全力を尽くしますが、相手方があることなので実現できない場合もあります。

    弁護士が配偶者と交渉

これからの人生を 一緒に考えていきましょう これからの人生を 一緒に考えていきましょう

離婚問題ご相談受付

来所相談 30分無料 来所法律相談30分無料

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います。お気軽にご相談ください。

0120-979-164 今すぐ無料電話相談

通話料無料・24時間受付・年中無休

メール相談受付

弁護士法人ALGの強み

  1. 01

    離婚問題に強い弁護士が所属する離婚チームを設置

    弁護士法人ALGは、離婚問題を集中的に取り扱う離婚チームを設置しており、離婚問題に関する数多くの相談実績を有しています。離婚調停の経験豊富な弁護士が、ご依頼者様のお悩みに合わせて最善のご提案とサポートをさせていただきます。

    強み1
  2. 02

    累計相談件数47,444経験豊富な弁護士が解決へと導きます

    離婚問題の累計相談件数47,444件(※2007年6月~2019年6月末まで)の豊富な実績があり、数多くの離婚問題を解決に導いてきました。蓄積されたノウハウを活かし経験豊富な弁護士がご依頼者様ひとりひとりに合ったきめ細かいリーガルサービスを提供し、解決に向けて全力を尽くします。

    強み2
  3. 03

    ただ問題を解決するのではなくご依頼者様にとことん寄り添います

    ご依頼者様の問題解決に向けて法的なサポートをすることは弁護士として当然の役目ですが、弁護士法人ALGはただ問題を解決するのではなく「相談してよかった」と言っていただけるようご依頼者様に寄り添う姿勢を大切にしています。
    人生の新しい一歩を踏み出すお手伝いは弁護士法人ALGにお任せください。

    強み3

弁護士費用

弁護士法人ALGは2つのプランをご用意しております。
ご自身の状況に合わせてお選びいただけます。

本人調停サポート 弁護士代理交渉

※すべて税別表記です。

事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

これからの人生を 一緒に考えていきましょう これからの人生を 一緒に考えていきましょう

離婚問題ご相談受付

来所相談 30分無料 来所法律相談30分無料

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います。お気軽にご相談ください。

0120-979-164 今すぐ無料電話相談

通話料無料・24時間受付・年中無休

メール相談受付