不貞慰謝料を0円にし、面会交流の確約も取り付けた事例

離婚調停・不貞慰謝料請求

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 調停
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:0万円

事案概要

不貞をしてしまった夫が依頼者です。ご本人にて不貞についての謝罪を妻側にしたものの、妻より離婚とともに慰謝料を求められたため当法人にて受任となりました。

弁護士方針・弁護士対応

経済的な余力がないことを積極的に説明し、併せて不貞についての反省を具体的に手紙という形で何度も妻側に伝えていきました。
加えて、離婚をした後も子の父親であることに違いはないと伝え、面会交流を実施したいこと、養育費をしっかり支払っていくことを伝えていきました。

結果

月1回程度の面会交流の確約に加えて、当初から請求されていた慰謝料を0万円とする内容で離婚を成立させることができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー