不相当に高い請求を、慰謝料なし・養育費算定表の額に抑えて早期離婚した事例

合理的な内容での離婚

離婚の原因 モラハラ DV
離婚の争点 慰謝料 養育費
担当事務所 福岡法律事務所

事案概要

夫婦喧嘩が絶えないなか、妻が子供を連れて別居し、離婚や慰謝料、養育費などの請求をされた事案でした。

弁護士方針・弁護士対応

離婚自体はやむを得ないような関係でしたが、離婚に至る経緯や養育費の額が不相当に高く、合理的な内容であればすぐにでも離婚して構わないのにどうしたものかとご相談に来られました。
相手からの請求は、DV、モラハラがあったというものでした。ご相談者様に伺うと全く事実無根で、証拠があるはずもないと明言されておられました。ここで怖いのが、離婚請求をしておきながら、不相当な離婚条件を提示するとともに婚姻費用を請求される場合です。ただ、本件は、双方にしっかりとした収入があり、婚姻費用を請求される方が、同居時よりも自由になるお金が増える事案でしたし、そもそも婚姻費用の額も小さいことから、婚姻費用の負担をあまり気にせずに進めることができる事案でしたので、毅然と事実無根であることを伝え、不相当な請求を続けるのであれば、調停、訴訟も辞さない姿勢で臨むこととしました。

結果

結局、慰謝料の支払いもなく、養育費もいわゆる簡易算定表で算定した金額で落ち着き、早期に解決できました。
最近では、虚偽のDV、モラハラ事案が散見されるように思います。夫側で代理人を務めることも多いですが、夫側としては、無茶な請求をされれば、感情的になってしまい、譲歩しようという気持ちが無くなってしまいます。なんでも請求すればよいというわけではなく、弁護士の交渉経験を踏まえて交渉することも大切だと思った事案でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー