妻からは解決金、不貞相手からは慰謝料を獲得して離婚成立した事例

相手方から慰謝料を獲得しての離婚

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料
担当事務所 宇都宮法律事務所

事案概要

相手方が不貞を行ない、依頼者は離婚を決意。不貞相手に対しても請求を行うと同時に、離婚を進めることとなった。

弁護士方針・弁護士対応

相手方は、男性との関係は認めるものの、夫婦関係破たん後のこととして請求を拒否。しかし、別居等が生じていたわけでもなく、必要とあれば訴訟も辞さないとの構えを見せ、落着点を模索した。

結果

最終的に、解決金という名目であれば金銭を支払うというので、それでこちらも応諾とした。後日、その結果をもって男性側にも請求を行い、そちらからは慰謝料を獲得した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー