ローン全額相手方負担で、自宅を取得した事例

自宅を取得したい

離婚の争点 慰謝料 財産分与
手続きの種類 交渉
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与は負債を除く他で折半
  • 【依頼後・終了時】
    自宅を分与として譲渡受け、ローンについては相手方が全額負担する。

事案概要

相手方が、不貞をしたうえで離婚を依頼者へ請求。依頼者は、離婚自体は構わないが、自宅取得の希望があり、慰謝料代わりに残債は相手方に完済してもらいたいとの考え。

弁護士方針・弁護士対応

一旦、依頼者には別居をしてもらって婚姻費用を請求。それは相応の額で決まる。
その上で、相手方の有責性を指摘し、こちらが条件に納得できないのであれば離婚には応じられないことを伝える。

結果

相手方としては早期に離婚をしたかったらしく、最終的にはローン全額負担の上で、自宅を依頼者に譲渡することに合意した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー