婚姻費用の支払い無しで慰謝料約200万円を獲得して離婚が成立した事例

離婚調停、婚姻費用調停

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 婚姻費用
手続きの種類 調停
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:400万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:約200万円

事案概要

本件は、相手方と別居をして数か月経過したところ、相手方が代理人を通じて、相手方が不貞相手の子を妊娠している、また、離婚調停及び婚姻費用分担調停を申し立てたとの連絡がありました。そこで、ご依頼者様は、今後の対応について不安に思い、弊所にご相談いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が有責配偶者であることが明らかであったため、ご依頼者様が相手方に対して婚姻費用の分担をする必要がないと考えました。
また、離婚については、相手方から慰謝料を支払ってもらったうえで応じることにしました。
慰謝料の金額については、ご依頼者様の要望を尊重し、やや高めの金額である400万円の支払いを請求することにしました。

結果

相手方から約200万円の支払いを受けて離婚を成立させることができました。
慰謝料は、高めの金額で請求しましたが、婚姻期間が短いことなどを踏まえると約200万円という金額が妥協点であると考え、この金額で合意するに至りました。
また、調停で、相手方の不貞行為を主張した結果、婚姻費用の支払いを防ぐこともできました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー