慰謝料無しで早期の離婚が成立した事例

早期離婚の実現

状況 離婚
離婚の争点 慰謝料
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:相手方から請求あり
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:慰謝料なし

事案概要

本件は、ご依頼者様が妊娠を希望されているにも関わらず、相手方は子供はいらないと主張する上、モラハラともとれる行動をとり、信頼関係は破綻している状況でした。また、相手方はご依頼者様が有責である旨主張し、かつその証拠も有している状態でした。そのような状況で相手方から離婚を切り出され、話し合いを進めようとしたところ、相手方から突然代理人を通じて離婚届を送付され、弊所にご相談の上、ご依頼されることとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、ご依頼者は離婚に応じようとしていたにも関わらず、相手方は突然自宅を出ていき、代理人を通じて離婚届を送ってくるというものでした。また、ご依頼者様が住む家のライフラインに関する契約を突如解約するといった手段を執ってくるなどしていました。
そこで、担当弁護士は、調停において早期の離婚を目指すこと、相手方の慰謝料請求を無しとすることを目標に設定することとしました。

結果

結果として、2回目の期日にて合意に至りました(1回目は出席できない日程であったため、事実上は1回目の期日で終了)。

ご依頼者様は受任時点で早期の離婚を希望していたため、担当弁護士は、介入後依頼者との打合せを重ね、すぐに相手方からの調停申立に対応しました。調停でも、婚姻関係が破綻していることを主張し、その結果、早期のタイミングで充実した調停結果内容を獲得することができ、ご依頼者様もご満足されたようでした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー