試行面接が早期に行なわれ、離婚成立となった事例

子との面会の確保

離婚の争点 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    面会交流:面会月2回

事案概要

相手方が、依頼者のモラハラを理由に別居、その際に子を連れて出た。その後、1年近くが経過し、離婚調停が行なわれる一方で、相手方が面会に応じないというところで当事務所に依頼があった。

弁護士方針・弁護士対応

離婚調停は進めるとして、別途面会調停を申し立て、面会についてある程度確保がなされないのであれば離婚には簡単に応じられないという姿勢を示した。

結果

面会調停の結果、試行面接が早期に行なわれ、また当面の面会条件が先に固まった。最終的に、相手方が面会の条項を入れるということで、離婚が成立。依頼者は、条件が守られるかに不安がぬぐえない様子であったが、実際のところは離婚後一転して相手方は面会に積極的になったとのことであった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー