拒否されていた財産分与を1000万円以上の支払いで和解成立した事例

離婚訴訟、財産分与

離婚の争点 財産分与
手続きの種類 裁判
担当事務所 福岡法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    財産分与:拒否
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与:1000万円以上

事案概要

本件は、お子さんが成人した後の離婚の事案です。財産分与が主たる争点でした。相手方(夫)は、高収入ではあったものの、借り入れも多く、また、複数の銀行口座を保有し、財産を分散させていました。

弁護士方針・弁護士対応

弁護士は、①借り入れについては、夫婦の財産形成とは無関係であることを主張立証する、②取引履歴を精査し、隠し財産を可能な限り見つける、という方針で臨みました。

結果

①借り入れの多くについて、その使途が、夫婦の生活とは無関係であることの立証に成功し、財産分与の算定対象から除外することができました。
②暫定的に開示された取引履歴のうち、一定金額以上の入金をExcelシートに入力し、入金・出金が対応しているか、入金の原資、出金の顛末の説明がつくのかを精査しました。そうしたところ、原資不明・顛末不明の入出金が多数見つかりました。これら入出金に関し、弁護士会照会、調査嘱託を駆使することにより、計数百万円の未開示財産が見つかりました。
結果として、1000万円以上の財産分与を内容とする和解がまとまりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー