離婚を拒否する相手方との離婚を成立させた事例

離婚の成立

状況 離婚
離婚の原因 別居
手続きの種類 調停 交渉
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚拒否
  • 【依頼後・終了時】
    離婚、解決金1000万円

事案概要

依頼者は相手方との離婚を求めているが、経済的な不安などから相手方は離婚を拒否していた。また、依頼者には、過去に有責性を問われうる事情があった。

弁護士方針・弁護士対応

別居は相手方からであり、それが今後解消される見通しもなく、子についても成人はしていたので、離婚を求めていくこととした。一方、相手方の不安点や経済状況から、老後をそれなりに支えるくらいの経済的給付は必要だろうと見込んでいた。

結果

交渉では、相手方はなかなか考えを決めきれないとして時間ばかりが経過し、らちが明かないので、途中で調停へと移行した。諸般状況から、別居が続けば遅かれ早かれ離婚には至るということを強く主張し、一方ですぐに離婚へ応じてくれるのであれば相応の経済的給付も吝かでないことを伝えていくと、最終的に解決金と引き換えの離婚を相手方は受け入れた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー