依頼者に有責性があったものの、300万円の慰謝料請求を0円にし、離婚も成立させた事例

相手方が離婚に応じず、不貞慰謝料・婚姻費用等を請求されている

状況 離婚
離婚の原因 性格の不一致
離婚の争点 慰謝料の減額 婚姻費用の減額 財産分与
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:300万円
    婚姻費用:18万円
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:0円
    婚姻費用:約16万円

事案概要

本件は、依頼者が自宅から出て行った状態で、離婚の調停を自ら申立てましたが、相手方に代理人が就き、離婚の拒否、慰謝料の請求をしてきたので、対応に困り、弊所にご相談のうえ、ご依頼くださいました。調停の中で、相手方より依頼者の不貞行為が明らかとされ、依頼者は有責であり、離婚に応じる意向はないとの主張を受けることとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

本件において、相手方が離婚を拒否していたので、相手方に離婚に応じさせることということが第一にありました。
相手方としては慰謝料として金銭を受け取ることよりも自宅への居住継続を希望していたため、慰謝料や財産分与の代わりに自宅の持分を譲渡するという提案を行うことで相手方の離婚に対する同意を得たという案件になります。
また、養育費については当方としても裁判所の基準に基づく費用は支払う意向でしたので、相手方との間でもそのような金額にて合意するに至りました。

結果

調停結果として、
・離婚
・養育費一人あたり5万9000円
等の内容で成立しました。
裁判例によりますと有責配偶者の場合10年近く別居しなければ離婚が認められないとされておりますが、本件においてはご依頼いただいてから約半年で離婚が成立するスピード解決となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー