慰謝料額がほぼ認められたうえで、早期の離婚が成立した事例

離婚調停

状況 離婚したい
離婚の原因 有責配偶者
離婚の争点 財産分与 住宅ローン 熟年離婚
手続きの種類 調停 交渉
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    相手方が不貞の事実を認めない
  • 【依頼後・終了時】
    相手方が不貞の事実を認め離婚調停成立

事案概要

申立人が相手方の不貞の事実を知りながら、これを認めないという事例において、相手方に不貞の事実を認めさせて離婚を成立させたい。

弁護士方針・弁護士対応

離婚調停を申し立て、初回期日前に相手方の不貞の証拠を整理した。初回期日において、不貞の証拠をもとに相手方と離婚交渉を行った。

結果

相手方が証拠関係について積極的に争うことなく、相手方がこちらの慰謝料額をほぼ認諾する形で、速やかに離婚条件の合意が成立した。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー