頑なに離婚を拒むモラハラ夫との早期離婚が実現した事例

不貞慰謝料請求・財産分与等

状況 離婚 離婚したくない
離婚の原因 性格の不一致
離婚の争点 婚姻費用の請求 婚姻費用未払い 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所

事案概要

依頼者は、相手方とお子さまの3人で暮らしていましたが、相手方による高圧的な言動に対しストレスを感じていました。依頼者はその積み重ねによって心身ともに疲弊してしまい離婚の話を切り出しましたが、相手方は全く応じようとしなかった為、依頼者は調停を申し立てることになりました。しかし、調停でも離婚について中々進展がなかった為、早期離婚のために弊所へ相談される運びとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方は、お子様が2人いるため今後の経済的な理由と、離婚条件が曖昧なこともあり頑なに離婚を拒否していました。しかし、弁護士が介入することで離婚条件について相手方と粘り強く交渉を行い、金銭的に一定の譲歩をしたところ、早期に離婚調停を成立させることが出来ました。

結果

結果として、依頼者が希望されていた通り早期の離婚が成立しました。
依頼者は早期離婚を最優先にしたいと決めていた為、譲歩すべき部分については早期に譲歩を行い、相手方に誠意を示すなどの対応をしたことによって、早期離婚を実現しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー