半年別居している相手方と交渉を行い、離婚成立させた事例

離婚をしたい

状況 離婚
離婚の原因 別居
手続きの種類 交渉
担当事務所 宇都宮法律事務所

事案概要

婚姻後暮らすうち、相手方との生活のペースや考え方の違いが露わになってきて、一緒にいることに強いストレスを覚えるようになったため、離婚を決意した。依頼時点では、別居から半年程度であった。

弁護士方針・弁護士対応

双方合意の下での離婚を目指すべきと考え、相手方との交渉により離婚協議を行なった。

結果

相手方は基本的に離婚へ反対の考えであったが、依頼者の離婚意思が固いのは事実であり、別居の解消の目途は立たないことを話し続けると、その状況が続くことに意味が見いだせないのは確かだとして、最終的には離婚に応じた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー