離婚訴訟と婚姻費用分担調停を同時に有利に解決した事例

離婚訴訟、婚姻費用分担調停

状況 離婚
離婚の原因 モラハラ 性格の不一致
離婚の争点 慰謝料の請求 婚姻費用の請求 財産分与 親権 年金分割
手続きの種類 調停 裁判
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    養育費:月額20~25万円
    財産分与:400~500万円

事案概要

ご依頼者が相談に来られた時点では、すでに離婚訴訟及び婚姻費用分担調停は何回か期日を経て協議が進んでいましたが、このままではご自身のご要望が全く叶えられぬまま終結してしまうと危惧され、今後の方針及び弊職が代理人として就任することの可否についてご相談されるべく、来所され、受任することとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

離婚訴訟及び婚姻費用分担調停いずれにおいても途中からの介入であったため、これまでの双方の主張を整理したうえで、ご依頼者のご要望を最大限叶えるためにはここからどのような主張立証をしていけばいいか、分析していきました。
特に、介入前においては特段主張されることのなかった点を証拠を用いて新たに提示し、学費等の上乗せを行った上で婚姻費用分担調停を強気に進めていくことにより、離婚訴訟をより有利な展開にしようと試みました。

結果

結果としてご依頼者は、相当額よりも高額の養育費及び財産分与を取得することができました。離婚訴訟が始まってから3年あまりと長期間にわたる争いに終止符が打てたことと相まって、ご依頼者は大変満足しておられる様子でした。金銭面だけにとどまらず、訴訟と調停という、進行の具合がそれぞれ異なる事件を有利に、かつ一気に解決することで、ご依頼者の精神的な負担も軽減させることが出来たと思います。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー