父親が親権を獲得し、婚姻費用の支払いも抑えて協議離婚が成立した事例

早期離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 性格の不一致
離婚の争点 男性の親権
手続きの種類 交渉
担当事務所 大阪法律事務所

事案概要

依頼者は、相手方との性格の不一致及び金銭感覚が合わないことから婚姻関係に限界を感じ、自宅を出て別居をされておりました。じきに相手方と音信不通になり、依頼者としては、とにかく早期離婚をしたいと希望され、相談する運びとなりました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者は早期に離婚したいので、なるべく協議でまとめたいというご意向が強くありました。
双方弁護士が介入し、離婚条件を積極的に提示し、交渉を続けておりましたが相手方は幼い子を1人で育てるのは金銭面を含め不安ということから、頑なに離婚を拒否されていました。交渉を続けるうちに、相手方から子を養育する自信がなくなったので依頼者に引き取るように求められました。依頼者としては、子を育てる覚悟があった上で離婚を決意されておりましたので、養育環境を整えた上で子を引き取りました。引き取った直後から、やはり子を返してほしいや、面会交流の機会を多く求めるといった主張が繰り返され、依頼者も相当困惑していました。相手方の精神面が安定するように、可能な限り面会交流を行い、ようやく協議離婚を成立させました。財産分与は依頼者は120万円まで支払ってもよいと言っていましたが、100万円で合意できました。

結果

結果として、
子の親権者は依頼者。相手方へ養育費は求めない。
・充実した面会交流を行う。
・財産分与として100万円支払う。
以上の内容で合意に至りました。相手方が離婚に応じる姿勢を見せず、長期間を要しましたが、粘り強く交渉し、子の引き取り、相手方が納得出来るような面会交流を実施することで協議での離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー