離婚に強い法律事務所へ弁護士相談|弁護士法人ALG

マザコン夫と離婚したい人必見!特徴や離婚までの流れなど

弁護士法人ALG 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates

「マザコン」とは、世間一般的にいつまでも母親から自立ができておらず、精神的に母親に依存している成人男性の様子をいいます。

はじめは「母親思いだな」と捉えていたけど、日々の夫の言動によって、母親との関係性が通常ではない水準に達していて「マザコン」だと確信でき、このまま結婚生活を続けていけるのか、不安になっている方がいらっしゃるかと思います。

本ページではマザコン夫の特徴や、マザコン夫と離婚する方法や、マザコン夫と離婚したときに慰謝料請求できるのかなど、マザコン夫と離婚に関して、詳しく解説します。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

1人で悩まず弁護士にご相談ください

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

0120-979-039 無料電話相談受付中

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

母親思いとは違うマザコン夫の特徴

交際しているときは「母親思いの素敵な人だな」と思って結婚したら、実は「マザコン」だったという方もいらっしゃると思います。

どこからが「マザコン」で、どこからが「母親思い」になるのか気になるところです。
マザコンと母親思いの違いは「自立できているかどうか」です。

マザコン夫とは、自分で決断できず、精神的な甘えがあり、常に母親に意見を求めるような人をいいます。
一方、母親思いの人は、自立しており、親を大切にしているだけなので、しっかり配偶者である妻の気持ちも尊重して物事を考えることができます。

具体的なマザコン夫の行動の特徴について、次項より解説しますので、ご自身の夫に当てはまるか、ぜひチェックしてみてください。

母親に何でも相談する

母親に相談することは誰にでもありますが、何でもかんでも、夫が母親に相談して、母親の意見を従う場合はマザコンです。

例えば、子供の教育方針やマイホームの購入、夫婦間の問題など夫婦2人で話し合って問題を解決して乗り越えていけないところを、母親に相談して、母親の意見に従う傾向があります。

また、夫婦間で決めたことも、母親が別の意見を出してきたら、母親の意見に従い、妻にもその意見を強要してくるといったこともあります。
マザコン夫は、母親から自立できていないのが特徴で、自分の意思で物事を判断することが、とても苦手です。

妻より母親を優先する

マザコン夫は、母親を誰よりも優先します。
例えば、家族でのお出かけや子供の学校・習い事の行事など前から予定していたイベントがあっても、母親からの急な頼みごとや母親との約束を優先して、元々の予定・約束を変更させられるということがあります。

マザコン夫の何よりも母親を優先する行為は、夫や父親という立場の自覚が欠如していることの現れともいえます。

何かと妻と母親を比較する

マザコン夫の理想の女性像は、母親という方は非常に多いでしょう。
例えば、妻が作った料理に対して、「お母さんの料理のほうが美味しい」、「お母さんなら、こうしてくれる」など、母親と比較して、文句をいう夫はマザコンでしょう。

料理だけでなく、掃除の仕方、育児の方法なども母親と比較するのもマザコンの特徴です。

夫婦のデートや旅行に母親も同行

夫からデートや旅行に誘われたら、夫婦2人きりで過ごすものだと想像しませんか?しかし、なかには母親を同行させる夫もいます。

夫婦のデートや旅行に夫の母親も同行したら、妻としては心置きなく楽しむことは難しいでしょう。マザコン夫の場合、そんな妻の気持ちも考えず、当然のごとく夫婦のデートや旅行に母親を連れてくることがあります。

度を越して実家に行く回数や連絡が多い

何か用事があるわけでもないのに、頻繁に実家に帰る、毎日のように母親と電話やメールで連絡を取っている夫はマザコンでしょう。

近くに実家がある場合は、週に1回程度、顔を出すのは普通かもしれません。しかし、近所だからといって、仕事帰りに毎日実家に寄ってから帰宅するような夫は、典型的なマザコンです。

遠方に実家にあるにも関わらず、頻繁に実家に顔出すような夫であれば、さらに母親に対する依存度が高いといえるでしょう。

マザコン夫の母親の特徴

マザコン夫を育てた母親は一体、どんな特徴があるのでしょうか?
母親の特徴について、みていきましょう。

過保護・過干渉に育てた

幼少期から母親が必要以上に子供の世話をして干渉していると、子供は自立心が育たないまま大人になり、母親に依存することになります。母親にやってもらうのが当たり前になっているので、親離れできずに大人になってしまっているのです。

父親(夫)との関係がうまくいってなかった

父親が厳しかったり、存在感が薄かったりすると、子供と母親との絆が強くなります。
母親の立場からすると、夫への不満を溜め込んだ生活をしていくうちに、「子供が命!」となり、子供へ愛情を注ぐことで、夫への不満を解消していたというケースがあります。

マザコンの治し方はあるの?

マザコンは病気ではないので、治すのは難しいでしょう。
生まれてから形成されてきた人格は、簡単に治るものではありません。

そもそも本人はマザコンだと自覚がないことも多いので、夫にどう伝えるかも難しい問題です。
夫に指摘しても、「俺はマザコンじゃない!母親を大切にして何が悪い!」といわれるでしょう。

相手に改善をたくすのは難しいのが実情ですので、このまま我慢して婚姻関係を続けていくか、離婚を決断するか、どちらか選択しなければいけないでしょう。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

1人で悩まず弁護士にご相談ください

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

0120-979-039 無料電話相談受付中

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

マザコン夫と離婚する方法

マザコン夫と離婚する方法には、主に「協議離婚」、「離婚調停」、「離婚裁判」があります。
ひとつずつ解説していきましょう。

【協議離婚】
夫婦間で話し合って離婚する方法です。
離婚理由は問わないので、夫婦で離婚について合意できれば、マザコンが離婚理由でも離婚ができます。
まずは、協議離婚で離婚できるように目指しましょう。

【離婚調停】
家庭裁判所で裁判官や調停委員を交えて話し合いで離婚する方法です。

離婚理由は問わないので夫婦で離婚に合意できれば、マザコンが離婚理由でも離婚ができます。
離婚調停の場に、夫の母親が一緒に同席することはできません。
夫婦間で話し合い(協議離婚)で折り合いがつかなければ、離婚調停で離婚の成立を目指しましょう。

【離婚裁判】
家庭裁判所に裁判を提起して、和解もしくは判決で離婚をする方法です。
判決では、裁判官が夫婦それぞれの主張や提出された証拠を総合的にみて、離婚するかどうか判断を下します。

離婚裁判は調停を経ずに裁判を提起できません。調停で不成立になった場合に裁判を行うことが可能となります。
裁判で離婚が認められるには法定離婚事由が必要となります。(法定離婚事由についは、後ほど詳しく解説します)。

法定離婚事由に、「マザコンだから」という理由は該当しません。
しかし、マザコンの場合には、ほかにも問題が発生しているケースがあるので、ほかの原因を理由に離婚できる可能性はあります。

「協議離婚」「離婚調停」「離婚裁判」について、下記ページに詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

離婚の話し合いを進めるポイント

マザコン夫と離婚するために、次のポイントを抑えておくことをおすすめします。

  • 協議の代行を弁護士に依頼する
  • 親権問題について
  • マザコンは裁判で離婚理由になるのか

それぞれ、詳しく解説していきましょう。

協議の代行を弁護士に依頼する

マザコン夫は、離婚の話し合いも母親に相談して、助言をもらいながら進めていくでしょう。

本来であれば、当事者間で話し合いをして、その場で決まる話も、一度、持ち帰ってから、後日に返答するといわれることが考えられます。よって、話し合いの進行はとても遅くなります。

弁護士に依頼すれば、弁護士が代わりに夫と話し合いをして、離婚条件について調整しますので、時間や労力や精神的負担が緩和できるでしょう。

親権問題について

夫の母親が、子供(孫)を手放したくないと、親権をめぐって争う可能性は高いでしょう。
親権は、一度取り決めて離婚届を役所に提出したあとに、「やっぱり子供の親権が欲しい」と思っても、親権を取り戻すことはとても困難ですので、親権を決める際は、慎重になるべきです。

親権を取りたければ、別居することになっても子供と離れてはいけません。
子供と一緒に生活を続けていれば、そのまま親権を認められる可能性は高くなります。

親権に争いがある場合に、別居に伴い、一旦、子供を夫と姑の元へ渡してしまうと、そのあと返してもらえなくなる可能性がとても高く、親権にも影響が出る可能性もあるので注意が必要です。

マザコンは裁判での離婚理由になる?

裁判で離婚が認められる法定離婚事由は次の5つとなります。

  • ①配偶者に不貞な行為があったとき
  • ②配偶者から悪意で遺棄されたとき
  • ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  • ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  • ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

上記5つを見ていただくとわかるように、「マザコン」自体は法定離婚事由に当てはまりません。
しかし、マザコン夫の言動次第では、婚姻関係が破綻して回復の見込みがない状態であれば「⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に当てはまる場合もあります。

具体的には、夫がマザコンであるほかに、

  • DV(暴力)、モラハラ
  • 親族との不和
  • 長期間の別居
  • 浪費やギャンブルなどの金銭問題

などがある場合です。

例えば、母親と比べて侮辱されているときの音声・動画データや長別居していることがわかる住民票や賃貸借契約書など、客観的にわかる証拠を集めておくと裁判上で離婚が認められる可能性が高まります。

法定離婚事由についての詳細は、下記のページをご覧ください。

夫が離婚に同意してくれなかった場合の対処法

マザコン夫のほとんどが自分自身はマザコンだという自覚はありません。そのため、マザコンを理由に離婚を申し出ても、すんなりと離婚に応じることはほとんどないでしょう。

夫が離婚に応じてくれなかった場合の対処法として考えられるのは次のような方法です。

  • 離婚前に別居する
  • 義母が離婚に賛成してくれるように働きかける
  • 離婚調停を申し立てる

などです。それぞれ詳しく解説していきましょう。

離婚前に別居する

別居は、「婚姻関係が破綻している」とみなされる可能性が高くなる重要な要素です。
婚姻関係の破綻は、法定離婚事由である「その他婚姻を継続し難い重大な事由」を裁判所が判断するときの基準にもなります。別居期間が長ければ長いほど、離婚が認められやすいということになります。

そのほかにも別居することによって、感情的になっていたお互いの気持ちを落ち着かせ、冷静に話し合いを進められる可能性もあります。

また、別居することになっても、夫婦であることは変わりませんので、ご自身よりもマザコン夫のほうが収入が多ければ、別居後の生活費として婚姻費用を請求できます。

ただし、別居の仕方によっては「離婚原因を作ったのはお前だ」といわれる可能性もあり、婚姻費用を請求しても支払いを拒まれたり、離婚話のときに不利になったりするおそれもありますので慎重に手順を踏んで別居しましょう。

「離婚に必要な別居期間や別居する際の注意点」については下記ページで詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

義母が離婚に賛成してくれるように働きかける

マザコン夫の特徴の一つとして、「母親の意見が絶対」と考えることが挙げられます。
そのため、義母が離婚に賛成すれば、夫もその意見に従い、離婚に賛成してくれる可能性があります。

母親の意見に左右される夫に嫌気がさしてしまうかもしれませんが、離婚を実現するための手段だと割り切り、義母が離婚に賛成してくれるように働きかけるという方法も検討してみるといいでしょう。

離婚調停を申し立てる

マザコン夫との話し合いでは離婚話がなかなか進まない場合は、離婚調停を申し立てましょう。
協議離婚では、二人で話し合っても「母親がなんていうか意見を聞いてから返事する」など、夫の母親に相談してから、ひとつずつの問題の解決が図られ、なかなか思うように進まないこともあります。

調停では、家庭裁判所に当事者本人が出廷して裁判官や調停委員を交えて話し合いをします。
母親は調停に参加できませんので、協議離婚に比べて、とてもスムーズに離婚について話が進む可能性は高いでしょう。
また、弁護士は調停に一緒に参加できますので、弁護士の力を借りて有利に話を進めることも検討してみましょう。

調停で話がまとまらなければ、調停不成立となります。次の方法としては、離婚裁判を提起することになります。

マザコンを理由に離婚した場合、慰謝料請求できる?

マザコンを理由に離婚の慰謝料を請求しても、慰謝料をもらえる可能性は低いでしょう。

ただし、「母親はできるのに、何度やってもお前はなぜできないのだ!」など罵倒され、マザコンのせいで夫からモラハラを受けている場合は、モラハラによる精神的苦痛は不法行為にあたるので、慰謝料請求が認められる可能性はあります。そのほかにも、マザコンに加えて、DV(暴力)などの事実もあれば、不法行為となるので、慰謝料請求が可能となります。

それぞれの状況によりますが、モラハラやDVの慰謝料の相場は、50万~300万円程度となります。
慰謝料請求が認められるためには、証拠が必要となりますので、証拠となり得るものはしっかり集めておきましょう。

「モラハラの証拠として有効なもの」「診断書のDVの証拠にするには何を書いてもらうべきか」を下記ページで詳しく解説していますので、ぜひご参照ください。

義母への慰謝料請求は可能か?

夫のマザコンが原因で夫婦関係が破綻しても、あくまで夫婦の問題であるため、義母に対して慰謝料を請求することはできません。ただ、義母からモラハラを受けていた等の事情があれば、不法行為に該当するとして、慰謝料請求できる可能性もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

マザコン夫との離婚に関するQ&A

Q:

マザコン夫から義母と同居するように言われましたが、義母とうまくいっていないため同居したくありません。拒否した場合は法定離婚事由にあたりますか?

A:

義母との同居を拒否する行為は、法定離婚事由にあたりません。夫婦には同居義務があるものの、それぞれの両親との同居義務はないので、義母と同居するよう夫が妻に強制することはできないからです。

むしろ、マザコン夫の行為の方が、法定離婚事由にあたる可能性があります。例えば、妻と義母がうまくいっていないことを知りながら、それを放置し、義母の意見に従って同居を妻に強制した結果、妻が夫への信頼をなくして夫婦関係が壊れたというような場合には、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という法定離婚事由が認められる余地があるでしょう。

Q:

マザコン夫の母親が子供の面倒をみるという場合、親権争いに影響はありますか?

A:

マザコン夫の母親が子供の面倒をみると主張してきた場合、離婚後の養育環境が整っているとして、夫側に有利に働き、親権争いに影響する可能性はありますが、必ずしも夫側に親権が認められるわけではありません。

裁判所は、様々な事情を総合的に判断した結果、夫婦のどちらが親権を得た方がいいか決めます。離婚後の養育環境のほか、これまでの子育ての状況、経済事情、子供の年齢なども考慮されます。したがって、妻がこれまで主に子供の世話をしてきたといったように、妻側に有利に働く事情があれば、妻が親権を獲得できる可能性は十分にあります。

マザコン夫と離婚したい場合は弁護士に相談して早期解決を目指しましょう

マザコン夫が離婚に応じてくれない場合、最終的には離婚裁判を行うことになりますが、マザコンを理由とした離婚は、認めてもらうのが難しいです。しかし、マザコンがきっかけで夫婦関係が壊れてしまった場合など、状況によっては離婚が認められる可能性もあります。

「夫が母親の肩ばかり持って自分の味方は全然してくれない…」など、夫のマザコンに悩む女性は少なくありません。耐え切れず、離婚を決意することもあるでしょう。弁護士にご相談いただければ、離婚するためにはどのような手順で進めればいいのか、どのような証拠を集めた方がいいのか等、丁寧にアドバイスいたします。

また、マザコン夫とのやりとりを代わりに行うことなども可能なので、精神的にも楽になるかと思います。マザコン夫との離婚についてご不安があるときは、早期解決のためにも、まずは弁護士にご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

1人で悩まず弁護士にご相談ください

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

0120-979-039 無料電話相談受付中

24時間予約受付・年中無休・通話無料

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

弁護士法人ALG 弁護士 谷川 聖治
監修:弁護士 谷川 聖治 弁護士法人ALG&Associates
保有資格弁護士(東京弁護士会所属・登録番号:41560)

弁護士法人ALG&Associates 事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事
子の引き渡し審判とは? 流れや聞かれることなど離婚の際に脅された場合の対処法|脅迫を理由とする離婚について【離婚準備のチェックリスト】離婚をするにはまず何を準備するの?離婚不受理届が出されたら離婚はできない? 離婚する方法は?婚姻関係の破綻とは?認められやすい5つのケースと証拠についてセックスレスが原因の離婚で慰謝料請求できる?相場や請求手順などを解説夫源病を理由に離婚するときに知っておくべきこと母子(父子)家庭が受けられる医療費助成制度母子家庭(シングルマザー)が受けられる手当・支援制度一覧離婚後の医療保険・生命保険|契約変更手続きや解約時の注意点離婚後の健康保険について│必要な切り替え手続きや注意点アルコール依存症の配偶者と離婚|慰謝料請求や必要な証拠について定年離婚に至る理由とは?離婚時に決めることや必要な準備など新築離婚とは?新築離婚の原因や注意点について【子の引渡しを請求する方法】流れや認められる判断基準ゲーム依存症と離婚|ゲームをやめさせる方法ワンオペ育児で離婚したい | 離婚可能なケースプラトニック不倫と離婚について不倫の事実も私が悪いのも認めます。でも離婚したくないし、慰謝料も払えない。どうすればいいの?キャバ嬢との不倫で慰謝料はもらえるか妻のホスト通いが原因の離婚は可能かギャンブルによる借金が理由の離婚は可能か家庭内ストーカーの夫と離婚したい育児ノイローゼによる離婚は可能か身勝手な夫と離婚するにはギャンブルに通いつめた相手が高額な借金を抱えてしまった。これは離婚届けの請求はできますか?夫婦の会話がないことを理由に離婚は可能か夫をATM扱いする妻との離婚アルコール依存を理由に離婚できるのかスマホ離婚に繋がる原因、スマホでの浮気が発覚し離婚する場合離婚届けを勝手に出すとどうなる?出された場合の対処法や防止策不倫の暴露は名誉棄損になるか既婚者と知らなかったのに不倫慰謝料を請求されたケース離婚したい夫・妻がとる行動とは【離婚のサインTOP10】できちゃった婚での離婚について【スピード離婚を検討している方】知っておくべきデメリットや財産分与など