祖父母との面会交流 拒否することは可能?

弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治

監修弁護士 谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員

離婚時に親権を獲得できなかった親側の祖父母は、離婚後、なかなか孫と会うことができなくなってしまいます。そのため、非監護親(子供と一緒に暮らさない親)である自身の子と孫の面会交流の際に立会うことを希望したり、自分達と孫との面会交流の実施を求めたりする場合があります。

こうした場合に、監護親は必ず応じなければならないのでしょうか?そもそも、祖父母に面会交流をする権利は認められているのかといった点から、解説していきます。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

祖父母の面会交流は認められるのか?

そもそも、祖父母に面会交流をする権利が認められているのかどうかというと、面会交流はあくまで「非監護親」と「子供」が交流するものであり、法律上、「祖父母」と「孫」の面会交流を認める規定はありません。

つまり、面会交流をする権利は法的に認められていません。もっとも、制度として認められていないだけであり、監護親の好意によって、面会交流に準じた交流の機会を設けることは可能です。

祖父母が面会交流への同席を希望したとき、拒否することはできるのか?

祖父母には面会交流をする権利は認められていないため、たとえ面会交流を希望してきたとしても、拒否することができます。これに対して、面会交流への同席を希望してきたときに拒否できるか否かは、ケースによって異なります。詳しくは次項をご覧ください。

なお、祖父母の面会交流への同席を拒否できる理由は、非監護親との面会交流を拒否できる理由と同じです。詳細は下記の記事にて説明しています。

拒否できるケース

祖父母の面会交流への同席を拒否できるケースは、次のとおりです。

  • ①祖父母の同席が、子供の福祉(利益)を害する場合
  • ②祖父母の同席を禁止する旨を、調停調書や公正証書等で定めていた場合

面会交流は、子供の利益に資することを前提として、積極的に実施することが推奨される制度ですが、①の場合にはこの前提が崩れてしまうので、面会交流自体を拒否しても問題ありません。

また、②のように定めているにもかかわらず、祖父母が面会交流に同席し、今後もルールを守るつもりがないような場合には、面会交流自体を制限できる可能性もあるでしょう。

拒否できないケース

一方、祖父母の面会交流への同席を禁止する旨の面会交流のルールを取り決めていなかった場合には、祖父母の同席を拒否できない可能性が高いでしょう。なぜなら、面会交流中にどこへ行くか、何をするか、そして誰と会うかといった行動については、子供の利益に反しない限り、非監護親の自由とされているからです。

こうした状況を避けるためには、あらかじめ面会交流への同席を禁止するルールを取り決めておく必要があります。

面会交流について揉めた際は、弁護士の介入で解決に繋がる場合があります

祖父母の方々にとって、面会交流は、孫の成長を実感することのできる数少ない機会です。それだけに、面会交流に同席したいという気持ちは相当なものでしょう。

しかし、例えば、面会交流に同席している時に、監護親の悪口を吹き込んだり、モラハラ的言動をしたりする等、子供の利益を害するようなおそれがある場合にまで、祖父母の方々の気持ちを尊重することはできません。面会交流について祖父母の方々と揉めた際には、交渉力に長けた弁護士に介入してもらうことで、解決へと繋がる場合があります。争いが大きくならないうちに問題を解決するためにも、弁護士への依頼をご検討ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する

祖父母との面会交流を拒否する方法

祖父母が面会交流に同席していたことが発覚し、今後は同席を拒否したい場合には、面会交流調停を新たに申し立て、祖父母の同席の問題について話し合いましょう。

祖父母に面会交流を求める権利はないとはいえ、面会交流中に行く場所や会う人については、子供の利益に反しない限りで非監護親が自由に決められるため、面会交流に祖父母を同席させることは、非監護親の裁量の内です。

そのため、本来であれば認められる自由を事後的に制限しようとする以上、調停では、「祖父母の同席を拒否する理由」、つまり「祖父母の同席により生じる子供の利益への悪影響」について追及されることになるでしょう。

面会交流調停について、詳しくは下記の記事をご覧ください。

子供が祖父母に会いたいと言ったら

子供の健全な成長には、両親の愛情が非常に大切ですが、祖父母からの愛情も重要です。そのため、子供が本心から「祖父母に会いたい」と言うようであれば、子供のためにも、なるべく交流する機会を作りましょう。親の事情で離婚という選択をした以上、大人の一方的な理由で、子供が受けられたはずの愛情を失うことのないように配慮する必要があるでしょう。

祖父母との面会交流の問題について悩んだら、一度弁護士に相談してみましょう

面会交流中にどこへ行くか、誰と会うかを決めるのは、子供の福祉に反しない範囲で非監護親の自由であるとされるため、面会交流の権利が認められていない祖父母に子供(孫)を会わせることも、非監護親の自由です。

祖父母の同席について、あらかじめ面会交流のルールで取り決めていなかった場合には、面会交流調停を申し立て、改めてルールを設けることになりますが、そのためには、調停委員を味方につけることが重要になります。

そこで、交渉のプロである弁護士に依頼することをお勧めします。なぜなら、弁護士に依頼すれば、主張・立証のポイントについてアドバイスを受けたり、代わりに話し合いに臨んでもらったりすることができるため、調停委員を味方に引き込める可能性が高まるからです。また、面会交流以外の離婚問題についても、細やかなサポートを受けることができます。

弁護士法人ALGは、ご依頼者様にとって最良の結果が得られるように尽力いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

まずは専任の受付職員が丁寧にお話を伺います

離婚問題ご相談予約受付来所相談30分無料

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

※法律相談は、受付予約後となりますので、直接弁護士にはお繋ぎできません。

お電話でのご相談受付

0120-979-039

24時間予約受付・年中無休・通話無料

メールでのご相談受付

メールで相談する
弁護士法人ALG 執行役員 弁護士 谷川 聖治
監修:谷川 聖治弁護士法人ALG&Associates 執行役員 弁護士
保有資格弁護士(愛知県弁護士会所属・登録番号:41560)

弁護士法人ALG&Associates 事務所情報

お近くの事務所にご来所いただいての法律相談は30分無料です。お気軽にお問い合せください。

※事案により無料法律相談に対応できない場合がございます。

関連記事