別居中で反応が無い相手方と早期離婚を実現した事例

早期の離婚

状況 離婚したい
離婚の原因 別居
離婚の争点 財産分与
手続きの種類 調停 訴訟
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    財産分与として約600万円支払う
  • 【依頼後・終了時】
    財産分与を含めて約200万円支払う

事案概要

本件は、別居期間が7年程度経過しており、ご依頼者様から具体的な離婚条件を提示していたが相手方からの反応がない状態が続いたため、早期離婚を求めた事案です。

弁護士方針・弁護士対応

相手方との協議出来る可能性が低いため、訴訟を見越して離婚調停を申し立てたところ、相手方は調停に出席しなかったため、訴訟での解決を図りました。

結果

訴状が相手方に到達したところ、相手方から訴訟外での離婚を打診されたことと裁判期日も決まっていない段階だったため、当方が考える離婚条件として解決金200万円だけ支払う内容で訴訟外で離婚が成立しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー