家庭より宗教を優先する配偶者と、受任後4か月で協議にて離婚が成立した事例

受任後4か月で協議にて離婚成立

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 その他
離婚の争点 養育費
手続きの種類 協議
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    養育費:相手方は22歳を主張
  • 【依頼後・終了時】
    20歳で合意

事案概要

結婚3年目で、不和となりました。相談者は特に宗教自体は否定してはいませんでしたが、相手方があまりにも家庭より宗教を優先するため、話し合いをするにもできない状態でした。

相談者は相手方に宗教を優先することに不満をぶつけると、双方ともストレスになり、子供にとってもいいとはいえない環境のため、離婚をしたいと弊所へ依頼されました。

弁護士方針・弁護士対応

養育費の額や、養育費の終期が争点となりました。

結果

受任後4か月で協議にて離婚が成立しました。養育費は、相手方が復職することを前提に、子供1人につき月額2万円、子供2人なので月額4万円で合意をしました。終期について、相手方は22歳、当方は18歳を主張していましたが、中間の20歳で合意を行いました。

当事者だけでは、話し合いにならなかったため、弁護士が介入し、早期に解決できました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー