当事者同士の話し合いで長期間解決せず、弁護士が介入して離婚が成立した事例

早期に交渉を打ち切り、調停申立

状況 離婚
離婚の争点 財産分与 養育費
手続きの種類 調停
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚調停:離婚条件について話し合いつかず
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立・親権獲得、養育費月額数万円程度増額、財産分与その他

事案概要

一度、離婚について法律相談でご来所。相手方も離婚に応じる意向を明確にしていたため、ご本人としては当事者間で話し合いがつきそうであるとのことで、そのときにはご依頼の希望はなく、今後の方針等についてアドバイスさせていただき終了。
しかし、相手方は離婚に応じると口では言うものの、実際に具体的な離婚条件の話し合いとなると、突然、養育費等について法定の基準よりかなり下げた基準でなければ応じないなどと主張。
その後数カ月にわたり話し合いが平行線となり、弁護士に交渉・調停を任せるためにご依頼を頂く。

弁護士方針・弁護士対応

相手方と連絡を取るも誠実に話し合いに応じる姿勢がなかったため、早期に交渉を打ち切り、調停申立。
調停委員に対しては、離婚の決意が固く、訴訟提起も辞さないこと、当方は基本的に法定通りの基準での離婚を求めて合理的な主張を行っており、大きな妥協の余地はないこと等を述べて理解を得て、相手方に対し、当方主張通りの条件で離婚に応じるように相手方を説得してもらう。

結果

調停結果として、離婚成立・親権獲得
養育費を法定通りの基準とし、相手方の主張よりも数万円程度増額
相手方からの解決金の支払い(不貞等について)

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー