有責配偶者からの離婚が成立した事例

解決金1500万円を支払うことで離婚に至り解決

状況 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気 有責配偶者
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    離婚に応じない
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:約1500万円を一括で支払い離婚

事案概要

5年程の結婚生活を営んでいましたが、依頼者が不貞行為に及び不貞相手と一緒になるために離婚を希望し、来所相談となりました。

弁護士方針・弁護士対応

依頼者の年収が高額であり、算定表に基づくと月20万円を超える婚姻費用を支払わなくてはならなかったため交渉で進めました。

相手方からは婚姻費用として毎月20万円の提示がありましたが、相手方の携帯代等1,2万円を支払っていることを前提に離婚成立まで月15万円の婚姻費用の支払いで免れました。

相手方はそもそも絶対に離婚したくないと考えていたため、別居を継続し、当方には離婚の確固たる意思があることを示し、金銭での解決を目指しました。

結果

相手方も離婚についてはやむを得ないことを自覚し、夫婦の共有財産として2千数百万円あったため、最終的には依頼者が一括して解決金1500万円を支払うことで離婚に至り解決しました。

離婚協議書を交わし、依頼者は離婚届を提出し無事離婚することとなりました。約1年で事件終了となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー