全く交渉のできない相手方について弁護士が介入して離婚を成立させた事例

判決による離婚成立

状況 離婚
離婚の原因 DV・モラハラ モラハラ
手続きの種類 調停 裁判
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    離婚についての話し合いが不可能
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立(判決)

事案概要

ご依頼者様は、長年にわたってモラハラ等を受けており、相手方に何度も離婚を求めてきたものの、その度に受け入れることが不可能な要求を突きつけられるか、全く話し合いに応じないかで、実質的な離婚交渉を行うことが不可能な状況でした。

弁護士方針・弁護士対応

当事者間による交渉はもちろん、単なる時間の浪費になる可能性が高いことから弁護士による交渉も行わず、即座に離婚調停を申立て(離婚の裁判を行うためには先に離婚の調停を起こす必要があるため)ました。離婚調停の初回期日において相手方の態度から話し合いの余地はなく、相手方が出席しなかったり、過大な要求を行うときには即座に調停を不調として終了するように裁判所の調停委員に依頼。実際に2回目の期日で調停を不調として終了させ、離婚の裁判を提起しました。

結果

離婚訴訟においては、相手方が突如主張を変更したり、その他訴訟を引き延ばすためとも考えられる言動を行ったが、無事判決による離婚を勝ち取ることができた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー