相手方の不出頭が続き調停が打切りとなったが結果的に離婚が認められた事例

相手方の離婚拒否の意思が強固な中での離婚

状況 離婚したい
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前・初回請求額】
    離婚拒否
  • 【依頼後・終了時】
    離婚認容

事案概要

ご依頼者様は、家庭内で全く会話のない状況が長期間続いているなどして離婚を決意していたが、妻が離婚を切り出すと逆上し、全く話の出来ない状況が続いていました。途中でご依頼者様は妻と別居をするものの、その後も状況にらちが明かないため、離婚へと至りたいと当事務所に依頼をされました。

弁護士方針・弁護士対応

状況や相手方の属性からは、協議を行なっても実らないとしか見られず、家庭裁判所によるのが相当と方針を固め、調停を申し立てました。

結果

家庭裁判所手続きが始まると、相手方は全く何の応対も行なわず、期日にも出頭をしない様となった。裁判所からも出頭勧告を行なってもらうが、不出頭が続いたため調停は打ち切りとなりました。

相手方のかかる応対を、夫婦関係破たんを表す事情の一つとして加え、訴訟を提起、予め陳述書その他で証拠関係も十分に提出しておくと、相手方は訴訟にも不出頭、結果的には離婚が認められました。
事前の見通しでは、強硬に離婚へ反対され手を焼くかと思われたが、案外相手方の方から手続を投げてしまうこととなり、まずは勝負していくことが重要だと感じた件でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー