弁護士が介入したことによって離婚回避に至った事例

夫婦関係の調整

状況 離婚したくない
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼前】離婚請求
  • 【依頼後・終了時】離婚回避

事案概要

ある「夫婦共有財産」を損なったことを理由に妻から別居され、離婚請求をされた案件です。
ここでいう「夫婦共有財産」は、金銭的な価値はともかくとして、妻がとても大事にしていたものであり、妻からの信頼を取り戻したいがどうすればよいかわからないとのことで来所いただきました。

弁護士方針・弁護士対応

離婚と異なり、離婚回避は法的な整備がなされているわけではありません。
したがって、離婚を求められる理由を丁寧に分析する必要があります。

ご依頼者から離婚を切り出される経緯について詳細にヒアリングを行い、ご依頼者に妻宛ての手紙を作成してもらいました。
弁護士において内容の推敲を重ね、妻に送ったところ、妻の態度が若干軟化し、面会交流として、家族での日帰旅行にこぎ着けました。

結果

日帰り旅行後も面会交流の調整をしつつ、交渉を継続した結果、離婚回避となりました。

弊所弁護士は離婚事件を多数経験しているため、どういった事情が離婚を決意させるのか把握をしています。
そこから逆算した離婚回避に向けての活動が奏功した案件でした。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー