同居継続下で進まなかった離婚交渉を弁護士介入により離婚できた事例

相手方との離婚及び離婚後の生活の安定

状況 離婚 離婚したくない
離婚の争点 財産分与
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】法定離婚事由はなく、同居しているため、離婚交渉が進まない状態
  • 【依頼後・終了時】20歳を超えて以降の養育費獲得及び相手方から数千万円の財産分与金を獲得しての離婚

事案概要

本件は、依頼者様は早期離婚を考えているが、相手方は離婚を拒否し続けているため、当事者間では一向に離婚協議がまとまらない(相手方がまともに協議の場につかない)という事案でした。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、ご依頼者様が相手方の財産状況を把握しておらず、相手方も離婚を拒否しているため、以下のような争点・懸念点がありました。

・相手方に法定離婚事由がない点
・交渉期間中、相手方が依頼者様と同居を継続している点
・相手方から財産分与対象財産の開示がなされるか不明な点

結果

相手方は、当初離婚を拒否していましたが、依頼者様の意向が変わることがないこと等を懇切丁寧に説明し、説得を重ねました。

また、子が成人した後も学費等が必要であることやご依頼者様が離婚後の生活状況を心配していたことから、相手方管理財産の開示について、あえて専門用語は用いずに説明したところ、相手方はこれに応じ、適正な養育費及び財産分与金も獲得できました。

結果として、相手方との離婚の合意ができ、適正な養育費金額及び財産分与金を獲得できました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー