協議不能だったが、弁護士が介入することで調停が成立した事例

同居からの離婚

状況 離婚 離婚したい
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】協議不能
  • 【依頼後・終了時】離婚・住宅ローン一部相手方負担

事案概要

相手方が暴言等ひどく、離婚を希望するが、話をしようとすると徹底的に拒否をされるので、何も進まない状況でした。

かかるところから離婚を達成したいと、当事務所に依頼がありました。

弁護士方針・弁護士対応

調停を申し立てることとし、実際に申し立てると、相手方は意外と素直に協議へ応じました。

相手方も、よくよく話を聞くと、問題解決を行う必要があることは理解していたようで、ただ家に住み続けることだけを希望しました。

ご依頼者様とも検討し、家賃代わりにローン一部を負担してもらい、当面家に住み続けることを認めることで、調停が成立しました。

結果

離婚、相手方より毎月4万6000円のローン一部負担金の支払いが決まりました。 当初は、訴訟に移るための形だけの調停となるかとも考えていたが、相手方が案外きちんと協議に応じてくれたため、比較的早期に解決へと至りました。

互いの意地だけで協議が暗礁に乗り上げているというケースがやはりあるもので、然るべき舞台を設ければ解決へと至る可能性もあることを感じました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー