離婚を請求されたが、弁護士介入後の協議により関係修復の合意に至った事例

離婚回避

状況 離婚したくない
離婚の原因 モラハラ 別居
手続きの種類 協議
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】離婚、金銭請求(額未提示)
  • 【依頼後・終了時】関係修復

事件概要

相手方が依頼者の威圧的、粗暴な言動を苦にして、子ともども別居を敢行、その後代理人を立てて離婚を請求してきた

弁護士方針・弁護士対応

相手方が指摘するような言動について、依頼者には心当たりがありとのこと。別居を受けて依頼者は自信を顧み、反省を意を示しており、相手方らの帰宅と関係の修復を切に願うとのことであった。

弁護士としては、依頼者が紳士反省しているのであれば、関係修復のためにはそれをストレートに伝えるしかないだろう、小手先のごまかしはするべきでないこと話し、関係修復を求めて協議を行うことに。

結果

依頼者が、真摯な反省と自身の言動を改める旨を示し、それを相手方側へ伝えたところ、相手方より具体的な質問がなされた。それにも答えていったところ、最終的に相手方も今回は関係を修復していくことに合意、やり直すこととなった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー