養育費の一括払いと財産分与の支払いで500万円を獲得した事例

養育費、財産分与に関する取り決めをせずに離婚

状況 離婚
手続きの種類 調停
担当事務所 埼玉法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    養育費及び財産分与に関する規定なし
  • 【依頼後・終了時】
    養育費の一括払いと財産分与で合計500万円を獲得

事案概要

本件は、親権者のみを指定して離婚をしたが、その他の規定(養育費や財産分与等)に関する取り決めをしていませんでした。そのため、当該事項に関する協議のため、弁護士に依頼したという事案です。

弁護方針・弁護士対応

養育費は、将来にわたって支払を継続する必要があります。そのため、養育費の未払に備えて、強制執行ができるよう家事調停を申し立てることにしました。
また、依頼者は早期の解決を望んでいたため、財産の詮索はせず、財産分与対象財産については、現在判明している財産のみを対象とすることにしました。

結果

1.養育費について
担当弁護士において、双方当事者の収入を前提に、算定表に沿った養育費を計算しました。
そして、当該金額を相手方に提案しました。
すると、相手方からは、養育費の一括払いの打診がありました。
養育費の一括払いは、養育費の未払いを防ぐことができる一方、養育費の計画的な使用が必要となります。
担当弁護士は、依頼者に対して、一括払いのメリットやデメリットを説明したうえで、依頼者は一括払いを選択し、相手方の提案に応じることにしました。

2.財産分与について
相手方も当方の意向に賛同し、現在判明している財産のみを対象に協議を行いました。

3.結論
当初の予定通り、早期に調停が成立し、依頼者は適正な養育費と財産を獲得しました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー