相手の有責性を訴え、財産分与の受け取りと子供との随時面会を実現した事例

不貞を行なった相手方との離婚

状況 離婚 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 財産分与 親権 養育費 面会交流
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立、親権相手方、養育費月9万円、財産分与の受け取り、随時面会の取り決め

事案概要

相手方が不貞の上で、子らを連れて別居。不貞については、依頼者の方に先に問題があったからなどと主張して、責任を取らない姿勢を見せていた。

弁護士方針・弁護士対応

相手方が婚姻費用分担請求調停の申立てを行なったので、こちらは離婚調停を申し立てた。手続きにおいて、子らの親権獲得は状況的に困難であり、依頼者は子らの生活を考え慰謝料請求は希望しなかった。ただ、財産分与では妥協したくないことと、面会条件をきちんと定めたいという点が、依頼者の要望にあった。

結果

相手方の有責性を訴え、婚姻費用については養育費同額水準に抑えることができた。それにより余裕をもって当たることができ、財産分与においては相手方名義となっていた財産の方が多かったので、それを受け取るとすることができた。面会についても、子らは依頼者と良好な関係にあったので、子らとの連絡の上で随時に面会を行うことができるよう取り決めを行なえた。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー