DV・不貞の事案において、依頼から4ヶ月で婚姻費用調停・離婚調停が成立した事例

依頼から約4ヶ月のスピード解決

状況 離婚
離婚の原因 不倫・浮気 DV
離婚の争点 婚姻費用 婚姻費用の請求
手続きの種類 調停
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚希望・慰謝料:700万円
  • 【依頼後・終了時】
    離婚成立・解決金:900万円

事案概要

25年程の結婚生活を営んでいたが、相手方からのDV・相手方の不貞の発覚を理由として、依頼者自身で離婚・婚費調停申し立てを行いました。調停について弁護士の力を必要とし、来所相談となりました。

弁護士方針・弁護士対応

相手方に不貞行為があったことやDV(暴力)を離婚の理由として主張し、慰謝料や財産分与を求めて調停を進めました。
相手方は、離婚原因は依頼者にあると主張し、相手方の有責性を争いました。 

結果

調停結果として、
・婚姻費用18万円/月
・離婚に伴う解決金として900万円を相手方が依頼者に支払う
弊所への依頼から約4ヶ月で婚姻費用調停・離婚調停が成立するスピード解決となりました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー