父親の親権獲得で調停成立した事例

不貞疑惑の解明

状況 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 その他
手続きの種類 調停
担当事務所 宇都宮法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    慰謝料:相当額
  • 【依頼後・終了時】
    親権者:依頼者
    面会:適宜

事案概要

本件は、相手方が男性と2人きりで会うなど不貞が疑われる行動があり、別居、その後弊所に相談、依頼となった。

弁護士方針・弁護士対応

相手方の不貞まではしていないとの回答を今一つ信じきれない、ただ夫婦関係は早期に決着をつけたいとのことで、離婚調停を申立て、不貞疑惑についてもそこで最終的な答えを出すこととした。

結果

調停の結果、それでも相手方は不貞はなかったと主張、依頼者も逆に不貞があるという確信まであったわけではないのでその回答を受け入れることとした。ただ、子らの親権者は、それまで依頼者が主となって監護養育を行なっていたこともあり、相手方も依頼者側とすることに合意、調停成立となった。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー