不貞相手から、慰謝料として160万円を獲得した事例

不貞慰謝料

状況 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 神戸法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    不貞慰謝料:160万円

事案概要

ご依頼者様は、夫との間に、2人の娘がいる兼業主婦でした。
しかし、ある頃から、夫の仕事の帰りが遅くなったり、外出する機会が増えたために、探偵に依頼して、夫の素行調査をしたところ、夫が職場の後輩女性と不貞していることが発覚しました。
そのことを夫に問い詰めたところ、夫は開き直って、別居が開始されました。
かかる夫との離婚交渉に加えて、不貞相手の女性に対する慰謝料請求をしたいということで今後どのようにしていけば良いかを専門家に相談する必要を感じられて、弊所に相談されました。

弁護士方針・弁護士対応

担当弁護士は、不貞の具体的な証拠として、探偵の証拠を確認し、夫と不貞相手の女性との肉体関係が立証できるものと考え、ただちに、不貞慰謝料請求の準備を開始しました。
特に、夫が別居してあまり時間をかけてしまっては、夫と結託して話の裏を合わせるかもしれないなどと考え、相手方に対して内容証明を速やかに送付して、訴訟移行せずになるべく交渉で解決できるように進めることとしました。

結果

交渉の結果、不貞相手の女性もすぐに不貞を認め、慰謝料についても当初から100万円を支払う旨を提案してきました。

しかし、担当弁護士としては、夫がかかる不貞を踏まえて別居をしたこと、それにより今後離婚に発展していくと予想されることをしっかりと主張して、慰謝料額の増額の交渉を続けました。

その結果、相手方はこちらの言い分に耳を傾けて、慰謝料を130万円、150万円、最終的には160万円と増額させていき、一括で160万円を支払うという合意を取り付けて、終了させることができました。
不貞慰謝料については、100万円を超える額を交渉で獲得することは容易ではないため、専門的知識等をもった弁護士が介入して交渉していくべきといえます。
不貞慰謝料でお悩みの場合には、男女トラブル、不貞問題に精通した弊所の弁護士にぜひ一度ご相談ください。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー