交渉により、有責配偶者からの離婚請求が成立した事例

慰謝料の減額

状況 離婚したい
離婚の争点 慰謝料の減額
手続きの種類 交渉
担当事務所 名古屋法律事務所
結果
  • 【依頼前】
    離婚自体応じられない
  • 【依頼後・終了時】
    条件調整のうえ離婚

事案概要

ご依頼者様は、不貞行為を行い、相手方から家を追い出され、相手の女性とともに相手方から慰謝料請求されていました。ご依頼者様としては、相手方が辛いようであれば離婚してそれぞれが別々に人生を歩んだ方が良いのではと、離婚の決意を固められ、ご来所されました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、不貞行為を行った側から離婚を切り出すという、訴訟になると長期間離婚が認められない類型の事案なので、絶対に交渉でまとめなくてはならないという問題点がありました。

相手方は、なぜそちらから離婚を切り出されなければならないのかと泣き崩れ、当初は話にならない状況でした。しかし、当職が相手方の不満を聞き、今後の生活で何が不安なのかをじっくり時間をかけて聞きました。また、相手方がどんな条件なら離婚できるのかを探り探り聞き、妥協できる案を考えました。

結果

じっくり時間をかけて相手方の話を聞いたことで、かたくなだった相手方の態度が緩和し、最終的には細かい条件調整まででき、公正証書まで作成し、離婚届を提出してもらうことができました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー