妻の不貞を事実上認めさせて離婚が成立した事例

不貞慰謝料請求訴訟と離婚訴訟(婚費調停)を同時並行

状況 離婚したい
離婚の原因 不倫・浮気
離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求 婚姻費用
手続きの種類 調停 訴訟 審判
担当事務所 大阪法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    解決金:100万円(一括払い)
    養育費:20歳まで一人3万円
    財産分与:購入した一軒家の取得

事案概要

妻が頻繁に夜遊びを繰り返すようになり、ある日偶然妻の携帯電話のGPSを検索したところ、妻が告げたところと違う場所にいることが判明した。このことをきっかけにある男と肉体関係を伴う交際関係にあることが判明した。
妻が不貞関係を否定し続けることもあり、依頼者は婚姻生活を続けられるよう努力していたが、ある日、妻から突然子供2人を連れて実家に帰ると連絡があり、挨拶することもなく別居する形となった。またその後、妻から代理人を通して、離婚調停と婚費調停が申立てられた。

弁護士方針・弁護士対応

妻の不貞が別居、離婚のきっかけとなったことから、妻との離婚調停と婚費調停と並行して、不倫相手に不貞慰謝料請求の訴訟をすることとし、不貞を認定させて、慰謝料を取得できるようにした。

結果

婚費調停では、月6万円で調停が成立した。離婚調停は財産分与と慰謝料等について折り合いがあわず不成立となり、離婚訴訟にて妻が子2人の親権者とし、依頼者が子1人につき、月3万円の支払いをし、解決金として妻が100万円支払うことで調停に代わる審判で成立した。また不倫相手に対する不貞慰謝料請求訴訟については、165万円の支払いを命じる判決が出た。これは離婚訴訟にも影響され、事実上、不貞を裁判所が認める形となった。(妻も不倫相手もずっと不貞関係を認めてなかった。)

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー