交渉段階より不貞慰謝料の額を増額できた事案

不貞慰謝料請求

離婚の争点 慰謝料 慰謝料の請求
手続きの種類 交渉
担当事務所 横浜法律事務所
結果
  • 【依頼後・終了時】
    慰謝料:220万円

事案概要

本件は、配偶者と不貞行為を行った相手方に対して、不貞慰謝料を請求したいとして、奥様がご相談に来られました。

弁護士方針・弁護士対応

本件は、相手方が不貞の事実を認めているものの、以下のような争点・懸念点がありました。
相手方は、すでにご依頼者様と配偶者間の婚姻関係が破綻しており、責任はないと主張していました。

結果

担当弁護士は、交際をするに至ったきっかけの矛盾点や配偶者と相手方との間のLINEのやり取り等の資料を示し、婚姻関係は破綻していないし、相手方自身も婚姻関係が破綻していないことを認識していたことについて積極的に主張し、最終的に220万円の慰謝料の支払いを受けることで合意できました。

この事例に関連するタグ

知りたい事例に当てはまる条件を選択

条件にチェックをいれてください(複数選択できます)

状況

離婚の原因

離婚の争点

手続きの種類
担当事務所
その他
解決事例カテゴリー